TOP > 国内特許検索 > サケ成長ホルモン含有飼料の製造方法、該製造方法により得られるサケ成長ホルモン含有飼料及びサケ成長ホルモン含有液

サケ成長ホルモン含有飼料の製造方法、該製造方法により得られるサケ成長ホルモン含有飼料及びサケ成長ホルモン含有液

国内特許コード P170013928
整理番号 (S2015-1425-N0)
掲載日 2017年3月29日
出願番号 特願2015-152885
公開番号 特開2017-029070
出願日 平成27年7月31日(2015.7.31)
公開日 平成29年2月9日(2017.2.9)
発明者
  • 森山 俊介
  • 足利 喜恵子
  • 守 和宏
出願人
  • 学校法人北里研究所
  • 三陸飼料株式会社
発明の名称 サケ成長ホルモン含有飼料の製造方法、該製造方法により得られるサケ成長ホルモン含有飼料及びサケ成長ホルモン含有液
発明の概要 【課題】簡便で効率的な生物活性を有するサケ成長ホルモン含有飼料の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明のサケ成長ホルモン含有飼料の製造方法は、粉砕したサケの頭部を30~90℃で加熱する工程を備えることを特徴とする。また、本発明のサケ成長ホルモン含有飼料は、前記製造方法によって得られることを特徴とする。さらに、本発明のサケ成長ホルモン含有液は、粉砕したサケの頭部を30~90℃で加熱し、前記加熱したサケの頭部の固体成分と液体成分を分離することで得られたことを特徴とする。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


サケなど魚類由来の成長ホルモンが魚介類の成長を顕著に促進することが知られている。ニジマス、ウナギや錦鯉などの魚類、また、アワビなどの貝類の養殖産業等に有効であり、前記成長ホルモンを含有する飼料を魚介類に与え、成長を早める試みがなされている。



特許文献1には、サケ由来の成長ホルモンを含有する海洋無脊椎動物用飼料について開示されており、特に貝類等の成長を簡便且つ短期間で効率的に促進できることが記載されている。

産業上の利用分野


本発明は、サケ成長ホルモン含有飼料の製造方法、該製造方法により得られるサケ成長ホルモン含有飼料及びサケ成長ホルモン含有液に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
粉砕したサケの頭部を30~90℃で加熱する工程を備えることを特徴とするサケ成長ホルモン含有飼料の製造方法。

【請求項2】
さらに、加熱したサケの頭部を乾燥する工程を備える請求項1に記載のサケ成長ホルモン含有飼料の製造方法。

【請求項3】
前記加熱工程後であって前記乾燥工程前に、前記加熱したサケの頭部の固体成分と液体成分を分離する工程を備える請求項1又は2に記載のサケ成長ホルモン含有飼料の製造方法。

【請求項4】
請求項1~3のいずれか一項に記載の製造方法によって得られることを特徴とするサケ成長ホルモン含有飼料。

【請求項5】
前記サケ成長ホルモンが、サケ脳下垂体由来成長ホルモンである請求項4に記載のサケ成長ホルモン含有飼料。

【請求項6】
粉砕したサケの頭部を30~90℃で加熱し、前記加熱したサケの頭部の固体成分と液体成分を分離することで得られたことを特徴とするサケ成長ホルモン含有液。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close