TOP > 国内特許検索 > 真珠核、及び真珠核コーティング剤

真珠核、及び真珠核コーティング剤 NEW

国内特許コード P170013986
整理番号 (S2013-1070-N0)
掲載日 2017年4月7日
出願番号 特願2015-535499
出願日 平成26年9月3日(2014.9.3)
国際出願番号 JP2014073231
国際公開番号 WO2015033972
国際出願日 平成26年9月3日(2014.9.3)
国際公開日 平成27年3月12日(2015.3.12)
優先権データ
  • 特願2013-182627 (2013.9.3) JP
発明者
  • 三浦 猛
  • 三浦 智恵美
  • 岩井 俊治
  • 福島 瑛
出願人
  • 国立大学法人愛媛大学
発明の名称 真珠核、及び真珠核コーティング剤 NEW
発明の概要 【課題】 真珠核と共に挿入された外套膜は真珠核を取り囲むように真珠袋を形成し、真珠袋に包まれた真珠核は真珠母貝体内に生着することができる。一方、真珠袋の形成が失敗した場合には、真珠核は真珠母貝から排出される。そこで、真珠袋の早期形成を促進することで、真珠の生産効率を高めることができる技術が求められた。
【解決手段】本発明は、表面が正電荷を帯びたことを特徴とする真珠核を提供する。また、別の本発明は、正電荷を有する物質を表面にコーティングした真珠核を提供する。さらに、正電荷を有する物質は、正電荷を示す官能基を多く持つ有機化合物又は無機化合物である。
【選択図】図4
従来技術、競合技術の概要


真珠とは、貝の体内で生産される鉱物であり、古くから宝石として重宝されてきた。また、人工的に真珠を生産する方法は既に確立されている。従来の一般的な真珠生産方法は、真珠核及び真珠母貝と同種の貝の外套膜の切片を、真珠母貝の生殖腺に挿入し、該真珠母貝を1年~2年間養殖することで、真珠母貝の体内で真珠が生産されるというものである(非特許文献1参照)。



また、効率的な真珠生産方法や、独自の性質を有する真珠を生産する方法が数多く開発されている。例えば、真珠母貝の感染症を防止するため、サイトカインの存在下で挿核を行う方法(特許文献1参照)、β―1,3―グルコシド結合からなる主鎖を持つグルカン類を用いて真珠核を挿入することで真珠核挿入後の真珠母貝の生存率を向上させる方法(特許文献2参照)、略ハート型に形成した真珠核を用いてハート型の真珠を生産する方法(特許文献3参照)、siRNAを用いてアコヤガイの生殖細胞の発達を抑制する方法(特許文献4参照)が開示されている。



また、人工的に真珠核を作製する技術が開示されている(特許文献5及び特許文献6参照)。

産業上の利用分野


本発明は、表面が正電荷を帯びた真珠核、及び真珠核コーティング剤に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
表面が正電荷を帯びたことを特徴とする真珠核

【請求項2】
正電荷を有する物質を表面にコーティングした、請求項1に記載の真珠核

【請求項3】
前記正電荷を有する物質が、糖、タンパク質、ポリペプチド、核酸、脂質、及び低分子化合物から選択される1又は複数である、請求項2に記載の真珠核

【請求項4】
前記正電荷を有する物質が、キトサン、ポリ―L―リジン、ヒストン、ポリアリルアミン、アミノシラン、塩基性フクシン、及びアミノ糖から選択される1又は複数である、請求項2に記載の真珠核

【請求項5】
前記正電荷を有する物質を約0.01重量%~約2重量%含有する溶液に真珠核を浸漬させることで正電荷を有する物質を表面にコーティングした、請求項2~請求項4いずれか一項に記載の真珠核

【請求項6】
前記正電荷を有する物質がキトサンであり、
キトサンを約0.15重量%~約1.5重量%含有する溶液に真珠核を浸漬させることでキトサンを表面にコーティングした請求項2に記載の真珠核

【請求項7】
真珠母貝の体内で、該真珠母貝の血球の前記真珠核の表面への集合が促進される、請求項1~請求項6いずれか一項に記載の真珠核

【請求項8】
正電荷を有する物質を含有する真珠核コーティング剤

【請求項9】
前記正電荷を有する物質が、糖、タンパク質、ポリペプチド、核酸、脂質、及び低分子化合物から選択される1又は複数である、請求項8に記載の真珠核コーティング剤

【請求項10】
前記正電荷を有する物質が、キトサン、ポリ―L―リジン、ヒストン、ポリアリルアミン、アミノシラン、及び塩基性フクシンから選択される1又は複数である、請求項8に記載の真珠核コーティング剤

【請求項11】
前記正電荷を有する物質を約0.01重量%~約2重量%含有する、請求項8~請求項10いずれか一項に記載の真珠核コーティング剤

【請求項12】
前記正電荷を有する物質がキトサンであり、
キトサンを約0.15重量%~約1.5重量%含有する、請求項8に記載の真珠核コーティング剤

【請求項13】
真珠母貝の体内で該真珠母貝の血球の集合促進効果を有する、請求項8~請求項12いずれか一項に記載の真珠核コーティング剤
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015535499thum.jpg
出願権利状態 公開
四国TLOは四国内20大学・高専のシーズをご紹介しております。シーズの詳細内容につきましては下記までお問い合わせください。
お問い合わせをお待ちしております。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close