TOP > 国内特許検索 > 高発現プロモーター

高発現プロモーター

国内特許コード P170014204
整理番号 (S2014-1218-N0)
掲載日 2017年6月14日
出願番号 特願2016-539830
出願日 平成27年7月29日(2015.7.29)
国際出願番号 JP2015003793
国際公開番号 WO2016021149
国際出願日 平成27年7月29日(2015.7.29)
国際公開日 平成28年2月11日(2016.2.11)
優先権データ
  • 特願2014-158646 (2014.8.4) JP
発明者
  • 星田 尚司
  • 赤田 倫治
出願人
  • 国立大学法人山口大学
発明の名称 高発現プロモーター
発明の概要 TDH3プロモーターやGAL10プロモーターよりも高発現のプロモーターを提供することを課題とする。
酵母において目的遺伝子を高発現させるためのプロモーターであって、酵母のTDH3又はGAL10プロモーター配列と、酵母のリボソーマルタンパク質遺伝子のイントロン配列とを順次備えており、前記酵母のリボソーマルタンパク質遺伝子のイントロン配列が、(a)配列番号1~4に示す塩基配列;(b)配列番号1~4に示す塩基配列において、1又は数個の塩基が欠失、置換、付加若しくは挿入された配列;(c)配列番号1~4に示す塩基配列と90%以上の同一性を有する配列;の(a)~(c)のいずれかの配列であるプロモーターを作製する。
従来技術、競合技術の概要


酵母は酵素や医薬品用タンパク質の生産宿主として利用されており、これらタンパク質の生産性を高めるには高発現プロモーターの利用は不可欠である。これまでに酵母においてタンパク質を高発現させるために、様々な高発現プロモーターが利用されている。かかるプロモーターとしては、恒常的高発現のTDH3遺伝子のプロモーター(以下、「TDH3プロモーター」ともいう)、PGK1遺伝子のプロモーター、ADH1遺伝子のプロモーター、誘導的高発現のGAL1遺伝子のプロモーター、GAL10遺伝子のプロモーター(以下、「GAL10プロモーター」ともいう)、CUP1遺伝子のプロモーター、PHO5遺伝子のプロモーターなどがあり、中でも恒常的に発現量の強さが期待できるものとして、TDH3遺伝子のプロモーターやPGK遺伝子のプロモーターなど、解糖系遺伝子のプロモーターが好んで利用されている。



また、さらなるタンパク質の生産性向上を求めて、例えば、クルイベロマイセス・マルキシアヌス(Kluyveromyces marxianus)の染色体におけるPIR1遺伝子の上流に位置し、当該PIR1遺伝子の発現を制御している領域からなるプロモーターを利用する方法(特許文献1参照)や、TDH3遺伝子の開始コドンの5’側上流150塩基対よりさらに5’側上流の非翻訳領域と外来の異種遺伝子とから成るDNA断片を利用する方法(特許文献2参照)や、酵母のピルビン酸デカルボキシラーゼ遺伝子(PDC)のプロモーターの制御下に目的遺伝子をゲノムに導入することを特徴とする遺伝子発現方法(特許文献3参照)や、人工的なイントロン様配列によって高発現させる方法(非特許文献1参照)が提案されている。



しかしながら、上記プロモーターを用いても、絶対的な発現量は古くから用いられているTDH3プロモーターやGAL10プロモーターなどからほとんど改善されていないのが現状であり、より高い発現能力を有するプロモーターの開発が求められていた。

産業上の利用分野


本発明は、酵母において目的遺伝子を高発現させるためのプロモーターに関し、より詳しくは、酵母において目的遺伝子を高発現させるためのプロモーターであって、酵母のTDH3又はGAL10遺伝子のプロモーター配列と、酵母のリボソーマルタンパク質遺伝子のイントロン配列とを順次備えたプロモーターに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
酵母において目的遺伝子を高発現させるためのプロモーターであって、酵母のTDH3又はGAL10遺伝子のプロモーター配列と、酵母のリボソーマルタンパク質遺伝子のイントロン配列とを順次備えており、前記酵母のリボソーマルタンパク質遺伝子のイントロン配列が、以下に示す(a)~(c)のいずれかの配列であることを特徴とするプロモーター。
(a)配列番号1~4に示す塩基配列;
(b)配列番号1~4に示す塩基配列において、1又は数個の塩基が欠失、置換、付加、若しくは挿入された配列;
(c)配列番号1~4に示す塩基配列と90%以上の同一性を有する配列;

【請求項2】
酵母が、サッカロマイセス・セレビシエであることを特徴とする請求項1記載のプロモーター。

【請求項3】
請求項1又は2記載のプロモーターを含む組換えベクター。

【請求項4】
請求項3記載の組換えベクターが導入された酵母の形質転換体。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close