TOP > クイック検索 > 国内特許検索 > メタマテリアル装置

メタマテリアル装置 UPDATE 新技術説明会

国内特許コード P170014227
整理番号 内0455
掲載日 2017年6月16日
出願番号 特願2016-034320
公開番号 特開2017-152961
出願日 平成28年2月25日(2016.2.25)
公開日 平成29年8月31日(2017.8.31)
発明者
  • 上田 哲也
  • 石山 拓未
出願人
  • 国立大学法人京都工芸繊維大学
発明の名称 メタマテリアル装置 UPDATE 新技術説明会
発明の概要 【課題】追加のインピーダンス整合回路を用いることなくインピーダンス整合を達成することができるメタマテリアル装置を提供する。
【解決手段】メタマテリアル装置は周期的に配置された複数の単位セル10を含む。各単位セル10は、単位セル10の中央に配置された誘電体共振器1と、誘電体共振器1を包囲するように配置された複数のストリップ導体3と、誘電体共振器1及びストリップ導体3を支持するホスト媒質2とを備える。各単位セル10は平行6面体である。各ストリップ導体3は、各単位セル10の各面における互いに対向する辺の間に延在するように形成され、各単位セル10の各面において複数のストリップ導体3のうちの2つが互いに交差して互いに電気的に接続される。各単位セル10は、複数のストリップ導体3にそれぞれ挿入された複数のインダクタ4をさらに備える。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


メタマテリアル装置は、サブ波長サイズを有する複数の単位構成要素(以下、単位セルという)から構成される。メタマテリアル装置の特徴的なふるまいとして、電磁波のバックワード伝搬を生じる負の屈折率を有する構造物を構成できるということがある。負の屈折率は、構造物の実効誘電率及び実効透磁率が同時に負となる場合に実現される。



一般に、メタマテリアル装置の単位セルは異方性であり、電磁波の伝搬方向及び偏波方向により、メタマテリアル装置のふるまいは大きく異なる。独立な3方向へ伝搬する電磁波又は異なる偏波特性を有する電磁波に対して、等方性の、すなわち方向依存性のないメタマテリアル装置の構造を設計することは容易ではない。



すでに、独立な3方向へ伝搬する電磁波に対して負の屈折率を示す3次元メタマテリアル装置がいくつか提案されている(例えば、特許文献1~7を参照)。さらに、電磁波の伝搬方向及び偏波方向に依存せずに負の屈折率を示す等方性の3次元メタマテリアル装置として、磁気双極子に類似した電磁界分布をもつ誘電体粒子群と、交流電界に対して遮蔽効果を持つ金属細線格子との組み合わせからなる複合構造が提案されている。この構造では、誘電体粒子群は負の透磁率を示す構造として使用されている。各誘電体粒子が磁気双極子に類似した電磁界分布を示すように、誘電体粒子内に電気力線の渦が形成される共振モードが利用されている。一方、金属細線格子は負の誘電率を示す構造として使用されている。金属細線格子は、所定間隔を有して並んだ一対の金属細線に当該間隔の2倍よりも長い波長を有する電磁波が入射したとき、負の誘電率を示す。金属細線格子単体を使用したときは、電磁波が伝搬できないカットオフ領域が現れ、遮蔽効果を示す。

産業上の利用分野


本発明は、負の屈折率を示す電磁人工構造物であるメタマテリアル装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
周期的に配置された複数の単位セルを含むメタマテリアル装置において、
上記各単位セルは、上記単位セルの中央に配置された誘電体共振器と、上記誘電体共振器を包囲するように配置された複数のストリップ導体と、上記誘電体共振器及び上記ストリップ導体を支持するホスト媒質とを備え、
上記各単位セルは平行6面体であり、
上記各ストリップ導体は、上記各単位セルの各面における互いに対向する辺の間に延在するように形成され、上記各単位セルの各面において上記複数のストリップ導体のうちの2つが互いに交差して互いに電気的に接続され、
上記各単位セルは、上記複数のストリップ導体にそれぞれ挿入された複数のインダクタをさらに備えたことを特徴とするメタマテリアル装置。

【請求項2】
上記複数のインダクタは、上記各単位セルの各面において、上記2つのストリップ導体が互いに交差する位置よりも上記単位セルの各辺に近接した各位置において上記2つのストリップ導体にそれぞれ挿入されていることを特徴とする請求項1記載のメタマテリアル装置。

【請求項3】
上記各インダクタは集中定数素子であることを特徴とする請求項1又は2記載のメタマテリアル装置。

【請求項4】
上記各インダクタは分布定数素子であることを特徴とする請求項1又は2記載のメタマテリアル装置。

【請求項5】
上記各インダクタはメアンダ状のストリップ導体であることを特徴とする請求項4記載のメタマテリアル装置。

【請求項6】
上記各単位セルの1つの辺を共有して互いに隣接する当該単位セルの2つの面のすべての組み合わせのそれぞれにおいて、上記1つの辺に向かって延在する2つのストリップ導体は上記1つの辺において互いに電気的に接続されていることを特徴とする請求項1~5のうちの1つに記載のメタマテリアル装置。

【請求項7】
上記各単位セルは、互いに隣接する単位セルのストリップ導体を互いに電気的に絶縁する誘電体被膜を備えたことを特徴とする請求項1~6のうちの1つに記載のメタマテリアル装置。

【請求項8】
上記複数の単位セルのうち、1つの面で互いに隣接する2つの単位セルのすべての組み合わせのそれぞれは、上記1つの面において上記ストリップ導体及び上記インダクタを共有することを特徴とする請求項1~6のうちの1つに記載のメタマテリアル装置。

【請求項9】
上記各単位セルは立方体であり、
上記各単位セルの上記誘電体共振器は、上記誘電体共振器を含む単位セルの各面に対して平行な面を有する立方体であることを特徴とする請求項1~8のうちの1つに記載のメタマテリアル装置。

【請求項10】
上記メタマテリアル装置に入射する所定周波数の電磁波に対して上記メタマテリアル装置の実効誘電率及び実効透磁率がともに負となるように、上記単位セルの形状及び寸法と、上記誘電体共振器の形状、寸法、及び比誘電率と、上記ストリップ導体の太さと、上記ストリップ導体を周期的に配置する間隔と、上記ホスト媒質の比誘電率とが設定されたことを特徴とする請求項1~9のうちの1つに記載のメタマテリアル装置。

【請求項11】
上記各単位セルは、上記複数のストリップ導体によって形成される導波路を備え、上記各単位セルは所定のカットオフ周波数を有し、上記各単位セルは、上記メタマテリアル装置に入射する上記カットオフ周波数よりも低い周波数の電磁波に対して上記メタマテリアル装置の実効誘電率が負となるように構成され、
上記誘電体共振器は、上記誘電体共振器に入射する所定周波数の電磁波により、磁気双極子モーメントと類似した電磁界分布の共振形態で励起し、上記電磁波に対して上記メタマテリアル装置の実効透磁率が負となるように構成されることを特徴とする請求項10記載のメタマテリアル装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2016034320thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close