TOP > 国内特許検索 > 耐震性向上用弾性部材、耐震性向上用構造体、及び耐震性向上用弾性部材の製造方法

耐震性向上用弾性部材、耐震性向上用構造体、及び耐震性向上用弾性部材の製造方法 NEW

国内特許コード P170014368
整理番号 S2016-0079-N0
掲載日 2017年6月30日
出願番号 特願2015-218453
公開番号 特開2017-089714
出願日 平成27年11月6日(2015.11.6)
公開日 平成29年5月25日(2017.5.25)
発明者
  • 澤田 樹一郎
  • 鶴田 将悟
  • 江藤 弘樹
  • 中村 建人
  • 西田 銀次
  • 山下 翼
  • 後藤 拓史
出願人
  • 国立大学法人 鹿児島大学
発明の名称 耐震性向上用弾性部材、耐震性向上用構造体、及び耐震性向上用弾性部材の製造方法 NEW
発明の概要 【課題】多数回の繰り返し荷重が作用する場合や、揺れの振幅が大きな場合でも、建物の損傷を抑える効果が失われにくく、設置箇所の制約を受けにくい耐震性向上用弾性部材を提供する。
【解決手段】耐震性向上用弾性部材としての芯材2は、平板状体Sを部分的に除去した形状の外形を有する。芯材2は、平板状体Sの延在方向(x方向)両端部分に位置する一対の取り付け部21及び22と、一対の取り付け部21及び22間に配置される本体部23と、を備える。本体部23は、平板状体Sに対する平面視においてx方向と交差する方向に折り返された形状を有し、x方向の荷重によってx方向に弾性的に伸縮可能な折り返しばね部231を有する。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


大地震が発生した場合に、建物の損傷を低減するためには、予め建物の柱や梁に、方杖や筋交い等として耐震性向上用構造体を取り付けておくことが有効である。



特許文献1に示されるように、鋼板の平面視中央部分にスリットを形成してなる芯材と、この芯材の座屈変形を防止する部材と、を備える耐震性向上用構造体が知られている。



特許文献2に示されるように、板ばねを備える耐震性向上用構造体も知られている。

産業上の利用分野


本発明は、耐震性向上用弾性部材、耐震性向上用構造体、及び耐震性向上用弾性部材の製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
平板状体を部分的に除去した形状の外形を有する耐震性向上用弾性部材であって、
前記平板状体の延在方向両端部分に位置する一対の取り付け部と、
前記一対の取り付け部間に配置される本体部であって、前記平板状体に対する平面視において前記延在方向と交差する方向に折り返された形状を有し、前記延在方向の荷重によって前記延在方向に弾性的に伸縮可能な折り返しばね部を有する本体部と、
を備える耐震性向上用弾性部材。

【請求項2】
前記本体部が、前記平板状体の厚さ方向及び前記延在方向に直交する幅方向に、複数のセグメントに分割して構成され、各々の前記セグメントが前記折り返しばね部を有すると共に、前記セグメント同士が前記幅方向に互いに遠ざかる方向及び近づく方向に弾性的に変位可能に構成された請求項1に記載の耐震性向上用弾性部材。

【請求項3】
前記本体部が、前記折り返しばね部を前記延在方向に複数連結した構造を有する請求項1又は2に記載の耐震性向上用弾性部材。

【請求項4】
前記折り返しばね部が、前記平板状体の厚さ方向及び前記延在方向に直交する幅方向外方に矩形に折り返された形状を有する請求項1から3のいずれか1項に記載の耐震性向上用弾性部材。

【請求項5】
前記一対の取り付け部と、前記本体部と、が一体に形成されている請求項1から4のいずれか1項に記載の耐震性向上用弾性部材。

【請求項6】
請求項1から5のいずれか1項に記載の耐震性向上用弾性部材と、
前記耐震性向上用弾性部材の、前記延在方向の圧縮荷重に対する、前記平板状体の厚さ方向の座屈変形を防止する座屈防止部材と、
を備える耐震性向上用構造体。

【請求項7】
前記座屈防止部材が、前記耐震性向上用弾性部材を、前記平板状体の厚さ方向に関して両側から挟み込んでいる請求項6に記載の耐震性向上用構造体。

【請求項8】
前記平板状体の、該平板状体の厚さ方向及び前記延在方向に直交する幅方向に向かい合う側面の位置よりも外方に、前記折り返しばね部が撓むことが可能に構成された請求項6又は7に記載の耐震性向上用構造体。

【請求項9】
平鋼を部分的に除去することにより、前記平鋼の長さ方向両端部分に、一対の取り付け部を形成する工程と、
前記平鋼を部分的に除去することにより、前記平鋼の長さ方向中間部分に、前記一対の取り付け部に接続される本体部であって、前記平鋼に対する平面視において前記長さ方向と交差する方向に折り返された形状を有し、前記長さ方向の荷重によって前記長さ方向に弾性的に伸縮可能な折り返しばね部を有する本体部を形成する工程と、
を含む耐震性向上用弾性部材の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015218453thum.jpg
出願権利状態 公開
特許の内容に興味を持たれた方、ライセンスをご希望の方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close