TOP > 国内特許検索 > 電解加工用電極及び電解加工用電極の製造方法

電解加工用電極及び電解加工用電極の製造方法 (未公開特許出願) NEW

国内特許コード P170014388
整理番号 P15-096
掲載日 2017年7月12日
出願番号 特願2016-153481
出願日 平成28年8月4日(2016.8.4)
発明者
  • 小谷野智広
  • 古本達明
  • 細川晃
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
発明の名称 電解加工用電極及び電解加工用電極の製造方法 (未公開特許出願) NEW
発明の概要 金属粉末レーザ焼結積層造形法を用い,ポーラス部の空孔を電解液の噴流口とするポーラス電極を開発した.本電極の空孔が微小なため,加工面の形状に対して空孔は大きな影響を与えない.また電解加工を行うのに十分な流量が得られ,平坦な加工穴底面が得られた.本電極を用いることで,従来は電解加工の適用が困難であった加工形状も,電解加工の適用が可能となることが期待できる.
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close