TOP > 国内特許検索 > 結晶性高分子の劣化測定方法

結晶性高分子の劣化測定方法 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会

国内特許コード P170014393
整理番号 P16-043
掲載日 2017年7月12日
出願番号 特願2016-248326
出願日 平成28年12月21日(2016.12.21)
発明者
  • 比江嶋祐介
  • 新田晃平
  • 五十嵐敏郎
  • 木田拓充
  • 竹田健人
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
発明の名称 結晶性高分子の劣化測定方法 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会
発明の概要 ラマン分光法を利用することで、ポリエチレンやポリプロピレンなどの樹脂材料における劣化状態を、短時間で非破壊かつ非接触で診断する技術を開発した。
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close