TOP > 国内特許検索 > 昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡

昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡 (未公開特許出願) NEW

国内特許コード P170014398
整理番号 P16-012
掲載日 2017年7月12日
出願番号 特願2016-233494
出願日 平成28年11月30日(2016.11.30)
発明者
  • 内橋貴之
  • 足立彗
  • 古寺哲幸
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
発明の名称 昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡 (未公開特許出願) NEW
発明の概要 レーザー透過ガラスにITO薄膜を使用するプローブ顕微鏡用の溶液チャンバーであり、チャンバー内の溶液の温度を溶液プールに配置した熱電対で計測し、ITO薄膜に印加する電流により温度制御を行うことに特徴のある、溶液チャンバー。あらかじめ計測した溶液減少量に応じた速度で低下した溶液を補填するシリンジポンプを備える請求項1に記載の溶液チャンバー。
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close