TOP > 国内特許検索 > GLO1の発現が関与する疾患の存在の検出方法、該検出方法に使用するマーカー、GLO1酵素活性向上剤及びGLO1酵素活性低減剤。

GLO1の発現が関与する疾患の存在の検出方法、該検出方法に使用するマーカー、GLO1酵素活性向上剤及びGLO1酵素活性低減剤。 (未公開特許出願) NEW

国内特許コード P170014401
整理番号 P15-072
掲載日 2017年7月12日
出願番号 特願2016-096027
出願日 平成28年5月12日(2016.5.12)
発明者
  • 山本靖彦
  • 棟居聖一
  • 原島愛
  • 山本博
  • 伏田奈津美
  • 山村優果
  • 高山秀雄
  • 横山理菜
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
  • 学校法人東京女子医科大学
発明の名称 GLO1の発現が関与する疾患の存在の検出方法、該検出方法に使用するマーカー、GLO1酵素活性向上剤及びGLO1酵素活性低減剤。 (未公開特許出願) NEW
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close