TOP > 国内特許検索 > 有機塩、動的共有結合を有する化合物、イオン液体、並びに、可変抵抗器及び抵抗値の制御方法、バイオエタノール製造装置及びバイオエタノールの製造方法

有機塩、動的共有結合を有する化合物、イオン液体、並びに、可変抵抗器及び抵抗値の制御方法、バイオエタノール製造装置及びバイオエタノールの製造方法 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会

国内特許コード P170014420
整理番号 P16-056
掲載日 2017年7月12日
出願番号 特願2017-022527
出願日 平成29年2月9日(2017.2.9)
発明者
  • 黒田浩介
  • 高橋憲司
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
  • 学校法人金沢工業大学
発明の名称 有機塩、動的共有結合を有する化合物、イオン液体、並びに、可変抵抗器及び抵抗値の制御方法、バイオエタノール製造装置及びバイオエタノールの製造方法 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会
発明の概要 有機塩からなる本新規イオン液体は、CO2・N2ガスの添加により電気伝導率をmS/cmオーダーで変化させることができ、その逆数である抵抗値も大きく変えることができる。CO2ガスの分圧で抵抗値を制御することも可能。
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close