TOP > クイック検索 > 国内特許検索 > 毒性予測方法及びその利用

毒性予測方法及びその利用 (未公開特許出願) NEW コモンズ

国内特許コード P170014484
整理番号 GI-H29-01
掲載日 2017年8月4日
出願番号 特願2017-135877
出願日 平成29年7月12日(2017.7.12)
発明者
  • 澤田敏彦
  • 和佐田裕昭
  • 橋本智裕
出願人
  • 国立大学法人岐阜大学
発明の名称 毒性予測方法及びその利用 (未公開特許出願) NEW コモンズ
発明の概要 従来のAmes変異原性の有無が予測可能なソフトウェアには、(1)その確率が表示されないこと、(2)候補化合物の化学的特徴に基づいたAmes変異原性を有する確率を算出することができない、という課題があった。本発明によれば、Ames変異原性の有無が既知の化合物約8000種の化学的特徴を正規化し、機械学習して構築した予測モデルを使用して、確率を出力することが可能である。
岐阜大学産官学連携推進本部では、岐阜大学における知的財産の創出・管理・活用のマネジメントをしています。未公開特許についてさらに詳細な内容については直接下記問い合わせ先に整理番号とともにご連絡ください。
尚、明細書レベルまでの情報開示については別途、岐阜大学との「秘密保持契約」を締結していただくことが必要になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close