TOP > 国内特許検索 > インフルエンザウイルス産生用細胞、及びインフルエンザウイルスの産生方法

インフルエンザウイルス産生用細胞、及びインフルエンザウイルスの産生方法 新技術説明会

国内特許コード P170014508
整理番号 (E096P08)
掲載日 2017年8月16日
出願番号 特願2016-550305
出願日 平成27年9月18日(2015.9.18)
国際出願番号 JP2015076681
国際公開番号 WO2016047595
国際出願日 平成27年9月18日(2015.9.18)
国際公開日 平成28年3月31日(2016.3.31)
優先権データ
  • 特願2014-192753 (2014.9.22) JP
発明者
  • 河岡 義裕
  • 渡邉 登喜子
  • 川上 英良
  • 渡邉 真治
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 インフルエンザウイルス産生用細胞、及びインフルエンザウイルスの産生方法 新技術説明会
発明の概要 本発明は、インフルエンザウイルスの増殖能が高く、ワクチン製造のためのインフルエンザウイルスを産生するために好適に用いられる、生体外で培養可能な細胞、及び当該細胞を用いてインフルエンザウイルスを産生する方法を提供する。すなわち、本発明は、細胞内におけるインフルエンザウイルスの産生を抑制する作用に関与するタンパク質をコードする遺伝子の発現が抑制されており、前記遺伝子が、ACTG1遺伝子等からなる群より選択される1以上であることを特徴とする、インフルエンザウイルス産生用細胞、及び、前記インフルエンザウイルス産生用細胞に、インフルエンザウイルスを感染させた後、培養することを特徴とする、インフルエンザウイルスの産生方法である。
従来技術、競合技術の概要


インフルエンザウイルスは、毎年流行を引き起こし、ときには何百万人もの犠牲者を出すパンデミックを引き起こす。インフルエンザ感染症の予防は、主に、ワクチンの予防接種により行われる。ワクチンは、インフルエンザウイルス粒子又はその部分分解物を不活化したものである。インフルエンザワクチンの予防接種により、インフルエンザに罹患した場合に、肺炎等の重篤な合併症の出現や、入院、死亡などの危険性を軽減し得る。



現行のワクチンは、発育鶏卵にインフルエンザウイルスを接種することによって製造されている。このため、ワクチンの製造には大量の発育鶏卵の確保が必要である。また、製造には6か月ほどかかるので、突発的なワクチンの大量製造は難しい。加えて、卵成分によるアレルギー反応について考慮する必要がある。



さらに、鶏卵でインフルエンザウイルスを増やした場合には、ウイルス遺伝子に変異が入ることによって、ウイルスの抗原性が変わってしまうことが多い。現に、近年のH3N2型とB型のワクチンについては、選定されたワクチン株の抗原性は、流行株と一致していたにも関わらず、製造段階でワクチンウイルスの遺伝子に変異が入り、製造されたワクチンの抗原性が元々のワクチン株とは変わってしまった。そのため、「流行する株の予測があっていたにも関わらず、ワクチン効果が弱い」という事態に陥った(非特許文献1参照。)。

産業上の利用分野


本発明は、インフルエンザウイルスの増殖能が高く、ワクチン製造のためのインフルエンザウイルスを産生するために好適に用いられる生体外で培養可能な細胞、及び当該細胞を用いてインフルエンザウイルスを産生する方法に関する。
本願は、2014年9月22日に、日本に出願された特願2014-192753号に基づき優先権を主張し、その内容をここに援用する。

特許請求の範囲 【請求項1】
染色体中の一部の遺伝子の発現が抑制されている、生体外で培養可能な細胞であり、
前記遺伝子が、ACTG1遺伝子、ACTN1遺伝子、ATCAY遺伝子、CCT6A遺伝子、COPS7B遺伝子、DAP3遺伝子、ERLIN2遺伝子、GNAI2遺伝子、GTF3C5遺伝子、HNRPAB遺伝子、KHSRP遺伝子、KRT18遺伝子、MTCH1遺伝子、PPP2R1A遺伝子、PRPS1遺伝子、RAB18遺伝子、RAB3A遺伝子、RAP1B遺伝子、RPS19遺伝子、RPS7遺伝子、S100A10遺伝子、SFRS7遺伝子、SLC2A12遺伝子、TMED2遺伝子、及びUSP10遺伝子からなる群より選択される1以上の遺伝子であることを特徴とする、インフルエンザウイルス産生用細胞。

【請求項2】
前記遺伝子が欠損又は破壊されている、請求項1に記載のインフルエンザウイルス産生用細胞。

【請求項3】
前記遺伝子が、ACTG1遺伝子、ACTN1遺伝子、DAP3遺伝子、GNAI2遺伝子、GTF3C5遺伝子、KRT18遺伝子、MTCH1遺伝子、PRPS1遺伝子、RPS19遺伝子、S100A10遺伝子、SFRS7遺伝子、SLC2A12遺伝子、USP10遺伝子、PPP2R1A遺伝子、及びTMED2遺伝子からなる群より選択される1以上である、請求項1又は2に記載のインフルエンザウイルス産生用細胞。

【請求項4】
哺乳類由来の細胞である、請求項1~3のいずれか一項に記載のインフルエンザウイルス産生用細胞。

【請求項5】
ヒト由来の細胞である、請求項4に記載のインフルエンザウイルス産生用細胞。

【請求項6】
腎臓由来の細胞である、請求項4に記載のインフルエンザウイルス産生用細胞。

【請求項7】
インフルエンザウイルスワクチンの製造に用いられる、請求項1~6のいずれか一項に記載のインフルエンザウイルス産生用細胞。

【請求項8】
請求項1~7のいずれか一項に記載のインフルエンザウイルス産生用細胞に、インフルエンザウイルスを感染させた後、培養することを特徴とする、インフルエンザウイルスの産生方法。

【請求項9】
前記インフルエンザウイルスが、インフルエンザウイルスワクチンを製造するためのインフルエンザウイルスである、請求項8に記載のインフルエンザウイルスの産生方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2016550305thum.jpg
出願権利状態 公開
参考情報 (研究プロジェクト等) ERATO 河岡感染宿主応答ネットワーク 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close