TOP > 国内特許検索 > 検出システム及び磁気シート

検出システム及び磁気シート 新技術説明会

国内特許コード P170014515
整理番号 IPU2015007-2
掲載日 2017年8月17日
出願番号 特願2017-037578
公開番号 特開2017-159035
出願日 平成29年2月28日(2017.2.28)
公開日 平成29年9月14日(2017.9.14)
優先権データ
  • 特願2016-040540 (2016.3.2) JP
発明者
  • 村田 嘉利
出願人
  • 公立大学法人岩手県立大学
発明の名称 検出システム及び磁気シート 新技術説明会
発明の概要 【課題】出来るだけ簡単な構造で、医療器具のコード及びチューブの何れか又は双方が体表から外れそうになるか又は外れたかを検出する検出ユニットを提供する。
【解決手段】検出システム10は、医療器具のコード及びチューブ3の何れか又は双方を装着する装着手段11と、装着手段11を有するセンサユニット12と、を備え、センサユニット12は、人物及び動物の何れかの体表4に取り付けられた磁気シート20からの磁界を検出する磁気センサ13と、磁気センサ13からの検出信号の変化が所定の条件を満たすと又は所定の条件から外れると外部に信号を出力する通信手段14と、を備える。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


医療器具として例えば透析治療等のために注射針を用いるが、人体の腕、脚の血管に刺した注射針の脱落を検知するために磁石と磁気センサを用いて、固定具の腕からの剥がれを検出することが考えられている(例えば、特許文献1)。



特許文献1では、先端に注射針を取り付けたチューブを保持する変位磁石支持ユニットが開示されており、その変位磁石支持ユニットは、チューブに沿った方向に長手方向を合わせた箱型形状のケーシングを備え、そのケーシングは長手方向に開放スリットを有する天井部を備え、ケーシング内には、底面より順に、鉄板と、露出回路接点の検知部を設けた検出回路基板と、複数の微小磁石要素を垂直方向に摺動自在に保持した磁石要素保持体、開放スリットに沿って摺動自在に設けられた変位磁石ユニットが備えられている。ケーシングの上部にはチューブを支持するための支持部を備え、チューブが変位すると、磁石保持体と変位磁石ユニットとの位置がずれ、検知部によりそのずれが検知される。

産業上の利用分野


本発明は、医療器具のコード及びチューブの何れか又は双方が体表から外されたか否かを検出する検出システムとそれに用いられる磁気シートに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
医療機器のコード及びチューブの何れか又は双方を装着する装着手段と、
人物及び動物の何れかの体表に取り付けられた磁気シートから生じる磁界を検出する磁気センサと、
前記磁気センサからの検出信号の変化が所定の条件を満たすと又は所定の条件から外れると外部に信号を出力する通信手段と、
を備える、検出システム。

【請求項2】
粘着シートをさらに備え、
前記磁気センサ及び前記通信手段がセンサユニットに設けられ、
前記粘着シートが、前記磁気シートの上又は上方に配置された前記センサユニットをカバーする、請求項1に記載の検出システム。

【請求項3】
前記センサユニットが前記装着手段を備え、
前記粘着シートが、前記医療機器のコード及びチューブの何れか又は双方を前記装着手段によって装着した前記センサユニットをカバーする、請求項2に記載の検出システム。

【請求項4】
前記磁気シートの上面に、前記粘着シートの前記体表からの剥がれに伴って前記体表から離脱するのを防止する防止手段を備える、請求項2又は3に記載の検出システム。

【請求項5】
前記磁気シートが、前記センサユニットに接触しかつ粘着しない表面層を備える、請求項2乃至4の何れかに記載の検出システム。

【請求項6】
前記磁気シートが、前記センサユニットにより覆われる面積を有する、請求項2乃至5の何れかに記載の検出システム。

【請求項7】
前記磁気センサが、前記磁気シートの上面に交差する方向の磁界を検出する素子を備える、請求項1乃至6の何れかに記載の検出システム。

【請求項8】
前記磁気センサが、前記磁気シートの上面に平行な方向の磁界を検出する素子を備える、請求項1乃至6の何れかに記載の検出システム。

【請求項9】
前記チューブが点滴チューブである、請求項1乃至8の何れかに記載の検出システム。

【請求項10】
粘着層と、前記粘着層に設けられる永久磁石と、を備え、
前記永久磁石が、前記粘着層に交差する方向に磁界を発生させるか、又は前記粘着層に平行な方向に磁界を発生させ、
前記粘着層が、人物又は動物の体表に接する、磁気シート。

【請求項11】
前記永久磁石は、一つ又は複数個配設される、請求項10に記載の磁気シート。

【請求項12】
粘着層と、前記粘着層に分散された磁性粉末と、を備え、
前記磁性粉末が、前記粘着層に交差する方向に磁界を発生させるか、又は前記粘着層に平行な方向に磁界を発生させ、
前記粘着層が、人物又は動物の体表に接する、磁気シート。

【請求項13】
前記粘着層のうち人物又は動物の体表に接しない側には、他の物体に付着してもその物体と共に剥がれないよう防止手段を備える、請求項10乃至12に記載の磁気シート。

【請求項14】
請求項1乃至9の何れかに記載の検出システムにおける前記磁気シートが、請求項10乃至13の何れかに記載の磁気シートである、検出システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2017037578thum.jpg


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close