TOP > 国内特許検索 > 転倒予防システム、転倒予防方法、プログラム

転倒予防システム、転倒予防方法、プログラム (未公開特許出願) 新技術説明会

国内特許コード P170014516
整理番号 IPU2015014
掲載日 2017年8月17日
出願番号 特願2016-120070
出願日 平成28年6月16日(2016.6.16)
発明者
  • 村田 嘉利
  • 吉田 尚平
  • 佐藤 永欣
  • 鈴木 彰真
出願人
  • 公立大学法人岩手県立大学
発明の名称 転倒予防システム、転倒予防方法、プログラム (未公開特許出願) 新技術説明会
発明の概要 靴の踵部分にジャイロセンサ内蔵無線センサを埋め込む。つま先の床に対する角度の最小値と角速度の最大値が健常者と片麻痺患者との間で大きく異なることを利用し、転倒に繋がりやすいか否かを判断する。
※ 未公開特許出願(まだ出願公開されていない特許)については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示にあたっては、別途、秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。
その手続き等について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close