Top > Search of Japanese Patents > PROLIFERATION STIMULANT OF INTESTINAL BLAUTIA COCCOIDES, ANXIETY-AMELIORATING AGENT, AND THERAPEUTIC AGENT FOR INFLAMMATION OF INTESTINE

PROLIFERATION STIMULANT OF INTESTINAL BLAUTIA COCCOIDES, ANXIETY-AMELIORATING AGENT, AND THERAPEUTIC AGENT FOR INFLAMMATION OF INTESTINE UPDATE_EN

Patent code P170014601
File No. S2016-0467-N0
Posted date Sep 26, 2017
Application number P2016-032300
Publication number P2017-147960A
Date of filing Feb 23, 2016
Date of publication of application Aug 31, 2017
Inventor
  • (In Japanese)北垣 浩志
  • (In Japanese)永尾 晃治
  • (In Japanese)中山 二郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人佐賀大学
Title PROLIFERATION STIMULANT OF INTESTINAL BLAUTIA COCCOIDES, ANXIETY-AMELIORATING AGENT, AND THERAPEUTIC AGENT FOR INFLAMMATION OF INTESTINE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a proliferation stimulant of intestinal Blautia coccoides, and a composition for stabilizing mood and ameliorating anxiety, or suppressing and treating inflammation of the intestine by stimulating proliferation of intestinal Blautia coccoides.
SOLUTION: The invention relates to a sphingoglycolipid-containing composition comprising a sphingoglycolipid as an active ingredient. More particularly, the invention relates to a proliferation stimulant of intestinal Blautia coccoides comprising a sphingoglycolipid, or an anxiety-ameliorating agent comprising a sphingoglycolipid, or a therapeutic agent for inflammation of the intestine comprising a sphingoglycolipid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


食品として経口摂取されるものは、その糖質や脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル等の栄養源等や、薬理効果や機能を奏する成分として直接消化、吸収の対象とされるものが多く知られている。この消化、吸収とも関与するが、人間の腸内には常在する腸内細菌が存在し、この腸内細菌は、人間の健康と重要な関わりを有することが知られている。



腸内細菌には、多種多様な細菌が存在し、その全体として腸内細菌叢と呼ばれて、そのバランスが重要であると考えられている。このバランスは個人や年齢、体調、栄養状態、ストレス等の要因によっても大きく変動することが知られている。一般的に、ヒトの消化管内における有用微生物は善玉菌ともよばれ、ビフィズス菌や乳酸菌等が善玉菌として知られている。



この腸内細菌叢の調節、特に善玉菌の増殖には、食品の影響もあり、ヨーグルト等や、そもそもの善玉菌でもある乳酸菌を含む食品等が腸内細菌叢の調節機能を有することが知られている。しかしながら、和食等、広く健康に良いと言われているものであっても、それらの食事が腸内細菌叢に与える影響についてまでは十分に研究されているとはいえない状態である。



近年、一般的に善玉菌として知られていた菌の他にも、腸内細菌として存在していることが確認されているクロストリジウム属(Clostridum)よる影響が着目され始めている。例えば、この菌を直接経口摂取することで、不安や多動性の改善効果があることが開示されている(特許文献1)。また、クロストリジウム属に属する細菌等を含有する細菌組成物による制御性T細胞の増殖に関する技術が開示されており、これにより自己免疫疾患、炎症性疾患、感染症などを治療または予防する技術が開示されている(特許文献2)。



一方、スフィンゴ糖脂質の一種であるグリコシルセラミドは、植物や茸類等から抽出され、乾燥肌対策の化粧品用途として広く使用されており、皮膚機能の改善に効果があることが報告されている(特許文献3)。さらに、スフィンゴ脂質を過剰に含有する食品を鳥又は哺乳類に投与することで、腸内細菌叢の組成を改善する方法が開示されている(特許文献4)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、スフィンゴ糖脂質を含有する腸内Blautia coccoides増殖刺激剤等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
スフィンゴ糖脂質を含有する腸内Blautia coccoides増殖刺激剤。

【請求項2】
 
スフィンゴ糖脂質を含有する不安改善剤。

【請求項3】
 
スフィンゴ糖脂質を含有する腸炎治療剤。

【請求項4】
 
前記スフィンゴ糖脂質が、グリコシルセラミドであることを特徴とする請求項1記載の腸内Blautia coccides増殖刺激剤。

【請求項5】
 
前記スフィンゴ糖脂質が、グリコシルセラミドであることを特徴とする請求項2記載の不安改善剤。

【請求項6】
 
前記スフィンゴ糖脂質が、グリコシルセラミドであることを特徴とする請求項3記載の腸炎治療剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016032300thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close