TOP > 国内特許検索 > ヘモグロビンのメト化抑制能を有する人工赤血球

ヘモグロビンのメト化抑制能を有する人工赤血球 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会 外国出願あり

国内特許コード P170014616
掲載日 2017年10月10日
出願番号 特願2016-040494
出願日 平成28年3月2日(2016.3.2)
発明者
  • 酒井 宏水
  • 山田 孫平
出願人
  • 公立大学法人奈良県立医科大学
発明の名称 ヘモグロビンのメト化抑制能を有する人工赤血球 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会 外国出願あり
発明の概要 人工赤血球は輸血治療を補完する製剤である。感染源を含まず、血液型が無く、長期備蓄が可能である。輸血代替としてのみならず、摘出臓器の長時間灌流液としての利用、低酸素領域への酸素供給、腫瘍組織の酸素化による放射線感受性を向上させる治療薬として、或は一酸化炭素を結合させて投与し、炎症を抑制させるなど、新しい利用法が提案されている。
参考情報 (研究プロジェクト等) 奈良県立医科大学化学教室
※ 未公開特許(まだ出願公開されていない特許)については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示にあたっては、別途、奈良県立医科大学と秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。
その手続き等について、詳しくお知りになりたい方は上記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close