TOP > 国内特許検索 > 高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法

高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法 UPDATE コモンズ

国内特許コード P170014639
整理番号 DP1760
掲載日 2017年10月24日
出願番号 特願2016-035814
公開番号 特開2017-151372
出願日 平成28年2月26日(2016.2.26)
公開日 平成29年8月31日(2017.8.31)
発明者
  • 戸田 裕之
  • 山口 剛史
  • 森本 裕喜
出願人
  • 学校法人同志社
発明の名称 高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法 UPDATE コモンズ
発明の概要 【課題】O/E変換部に入力される光の平均光パワーが制限されているなかで、出力パワーを増加させることが可能な高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法を提供する。
【解決手段】光パルス出力部2と、光パルス伝搬部3と、O/E変換部4とを備えた高周波発生装置1であって、光パルス伝搬部3は、光パルスに対して群速度分散や光カー効果を利用して光パルスのパルス幅を圧縮させ、かつO/E変換部4における高周波出力パワーを増加させる媒質長を有することを特徴とする。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


光技術を用いた高周波発生装置としては、2つのレーザから出力された周波数の異なるレーザ光をフォトカプラで合成し、その合成光をフォトダイオードのようなO/E変換部で高周波の電気信号に変換する構成のものが知られている(例えば、特許文献1の図7参照)。

産業上の利用分野


本発明は、高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
所定の繰り返し周波数で光パルスを出力する光パルス出力部と、
前記光パルス出力部から出力された前記光パルスを伝搬させる光パルス伝搬部と、
前記光パルス伝搬部で伝搬された前記光パルスを電気信号に変換し、前記電気信号を高周波出力として出力するO/E変換部と、
を備えた高周波発生装置であって、
前記光パルス伝搬部は、群速度分散を利用して、または群速度分散と光カー効果を利用して、前記光パルスのパルス幅を圧縮させる分散性媒質を含み、
前記分散性媒質は、当該分散性媒質の出力端における前記光パルスのピークパワーを当該分散性媒質の入力端における前記光パルスのピークパワーよりも増加させる媒質長を有する
ことを特徴とする高周波発生装置。

【請求項2】
前記分散性媒質は、当該分散性媒質の媒質長と前記O/E変換部の高周波出力パワーとの関係において、前記高周波出力パワーが最大となる媒質長を有する
ことを特徴とする請求項1に記載の高周波発生装置。

【請求項3】
前記光パルス伝搬部は、前記光パルスに対して群速度分散を有しない非分散性媒質を含む
ことを特徴とする請求項1または2に記載の高周波発生装置。

【請求項4】
前記繰り返し周波数よりも高い中心周波数の帯域を通過させるフィルタ部を、前記O/E変換部の後段に備え、
前記O/E変換部は、応答周波数帯域に前記中心周波数を含む
ことを特徴とする請求項1~3のいずれか一項に記載の高周波発生装置。

【請求項5】
所定の繰り返し周波数で光パルスを出力する光パルス出力部と、前記光パルスを伝搬させる光パルス伝搬部と、前記光パルス伝搬部で伝搬された前記光パルスを電気信号に変換するO/E変換部と、を備え、前記光パルス伝搬部が群速度分散を利用して、または群速度分散と光カー効果を利用して前記光パルスのパルス幅を圧縮させる分散性媒質を含む高周波発生装置の設計方法であって、
前記高周波発生装置のシミュレーションモデルを用いて、前記高周波発生装置の出力パワーと前記分散性媒質の媒質長との関係を示すデータを生成し、前記高周波発生装置の出力パワーが増加するように、前記データに基づいて前記分散性媒質の媒質長を決定する
ことを特徴とする高周波発生装置の設計方法。

【請求項6】
前記分散性媒質の媒質長を、前記データにおいて前記高周波発生装置の出力パワーが最大となるときの値に決定する
ことを特徴とする請求項5に記載の高周波発生装置の設計方法。

【請求項7】
前記データは、
前記分散性媒質の分散パラメータが正で、かつ光カー効果を利用する場合の第1データと、前記分散パラメータが正で、かつ光カー効果を利用しない場合の第2データと、前記分散パラメータが負で、かつ光カー効果を利用する場合の第3データと、前記分散パラメータが負で、かつ光カー効果を利用しない場合の第4データ、を含む
ことを特徴とする請求項5または6に記載の高周波発生装置の設計方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 2K102AA10
  • 2K102BA22
  • 2K102BA28
  • 2K102BB01
  • 2K102BC02
  • 2K102CA00
  • 2K102CA15
  • 2K102DA06
  • 2K102EB20
  • 2K102EB22
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2016035814thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close