TOP > 国内特許検索 > イミダゾリルポルフィリン金属錯体を単量体とするポルフィリン二量体

イミダゾリルポルフィリン金属錯体を単量体とするポルフィリン二量体 コモンズ

国内特許コード P020000059
整理番号 U1999P019
掲載日 2003年5月27日
出願番号 特願平11-255978
公開番号 特開2001-081091
登録番号 特許第3256742号
出願日 平成11年9月9日(1999.9.9)
公開日 平成13年3月27日(2001.3.27)
登録日 平成13年12月7日(2001.12.7)
発明者
  • 小夫家 芳明
  • 稲葉 優介
  • 釘宮 愼一
出願人
  • 学校法人奈良先端科学技術大学院大学
発明の名称 イミダゾリルポルフィリン金属錯体を単量体とするポルフィリン二量体 コモンズ
発明の概要 本発明のポルフィリン二量体が奏するアロステリック機能を用いることにより、人工血液の成分としての利用が期待され、協同的分子状酸素を活性化することができるので、高級アルカンその他の炭化水素における位置選択的酸素化試薬としての応用も期待されるものである。ポルフィリンにイミダゾリル基を結合させ、このイミダゾリルポルフィリンの金属錯体2分子を用いて、一方のイミダゾリルポルフィリン金属錯体の金属原子に他方のイミダゾリルポルフィリン金属錯体のイミダゾリル基の窒素原子を配位させ、二量体化したポルフィリン二量体により達成した、アロステリズム制御を可能にし得る新規な化合物。
従来技術、競合技術の概要 ポルフィリン金属錯体は、4個のピロール核が4個のメチン基により架橋された環状テトラピロールの中心に金属が挿入された錯体である。ポルフィリン金属錯体のうち、中心金属として鉄(II)が挿入されたポルフィリン鉄錯体は、ヘムと呼ばれ、これは、蛋白質と結合してヘム蛋白質を構成している。ヘム蛋白質は、その酸素分子との結合様式により、酸素分子の解離曲線が、ラングミュア型を示すものとシグモイド型を示すものとに分類できる。ラングミュア型解離曲線を示すヘム蛋白質の代表例には、ミオグロビンがあり、シグモイド型の解離曲線を示すヘム蛋白質の代表例には、ヘモグロビンがある。ヘム蛋白質及びそれを構成するポルフィリン錯体は、その生体内での呼吸生理学的重要性等から、様々な研究がなされている。
産業上の利用分野 アロステリズム制御を可能にし得る新規な化合物である、イミダゾリルポルフィリン金属錯体を単量体とするポルフィリン二量体。
特許請求の範囲 【請求項1】 次の一般式(1):
【化1】
{式中、MはFe(II)又はCo(II)を表し、Imは、次のイミダゾリル基Im1~Im6:
【化2】
(式中、R2、R3及びR4は、各々独立に水素原子又はアルキル基を表す。)のいずれか1を表し、R1は次の置換フェニル基(a):
【化3】
(式中、R5は、水素原子、ハロゲン原子又はアルキル基を表し、R6は、アルキル基、アリール基、アリール置換アルキル基又はハロゲン置換アルキル基を表し、R7は、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基又は-NHCO-R8を表し、R8は、アルキル基、アリール基、アリール置換アルキル基又はハロゲン置換アルキル基を表す。)を表わす。}により表されるポルフィリン二量体。

【請求項2】 一般式(1)において、R5が水素原子である請求項1のポルフィリン二量体。

【請求項3】 一般式(1)において、R2、R3及びR4が水素原子である請求項1又は請求項2のポルフィリン二量体。

【請求項4】 一般式(1)において、R6及びR8が、各々独立に炭素原子数3~20個のアルキル基、炭素原子数6~20個のアリール基、炭素原子数7~20個の、アリール置換アルキル基、又は炭素原子数1~20個、ハロゲン原子数1~20のハロゲン置換アルキル基である請求項1ないし請求項3のいずれか1項のポルフィリン二量体。

【請求項5】 一般式(1)において、Imにより表されるイミダゾリル基が、Im1である請求項1ないし請求項4のいずれか1項のポルフィリン二量体。

【請求項6】 一般式(1)において、R6がt-ブチル基である請求項5のポルフィリン二量体。
産業区分
  • 有機化合物
  • 薬品
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

04236_12SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close