TOP > 国内特許検索 > 疎水性ゲルによる金属イオン抽出分離法

疎水性ゲルによる金属イオン抽出分離法

国内特許コード P020000069
掲載日 2003年5月27日
出願番号 特願平11-282547
公開番号 特開2001-104704
登録番号 特許第3374172号
出願日 平成11年10月4日(1999.10.4)
公開日 平成13年4月17日(2001.4.17)
登録日 平成14年11月29日(2002.11.29)
発明者
  • 小松 優
  • 國仙 久雄
出願人
  • 独立行政法人物質・材料研究機構
発明の名称 疎水性ゲルによる金属イオン抽出分離法
発明の概要 本発明は、不純物の混入を著しく減少させ,従来法を上回る抽出能及び分離能を有する、疎水性ゲルによる金属イオン抽出分離法。
本発明は、疎水性ゲルによる金属イオン抽出分離法を用いることにより、従来法を上回る抽出能及び分離能を発現できる。
従来技術、競合技術の概要 従来、金属イオンの分離方法には、イオン交換法、溶媒抽出法、3相間分配法等が採用されている。イオン交換法とは、水溶液中の金属イオンがイオン交換体中のイオンと置換し、相移する反応を利用している。溶媒抽出法では、抽出剤の種類により分離能が決定される。イオン交換法では、例えばチタニア水和物やシリカ系ゲルをイオン交換体とする場合、全ての希土類金属イオンに対して同量のイオン交換能を示し、分離は不可能である。これは、希土類金属イオン間でイオン半径に差が無いことに起因しており、相互分離は不可能である。また、3相間分配法に置いては、アルカリ土類金イオン群等の特定の金属イオンに対して、溶媒抽出分離能とイオン交換能が類似のものを利用する。しかし、イオン交換分離能を持たない希土類金属イオン群などに対しては適用できない。また、有機相と固相の接触を避けること、反応速度が約2週間と遅いなどの欠点がある。
産業上の利用分野 金属イオンや有害物質を効率よく分離し、高純度の金属イオンを得ることを目的とする分離、分配方法。
特許請求の範囲 【請求項1】 複数の同族金属イオンを含む水溶液を、疎水性ゲルからなる固相が分散しており、抽出剤を含む有機相との混合相に接触させ、イオン半径の大きい金属イオンを選択的に疎水性ゲル相へ移動させることを特徴とする金属イオンの分離方法。

【請求項2】 同族金属イオンが希土類金属イオンであることを特徴とする請求項1記載の金属イオンの分離方法。
産業区分
  • 処理操作
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
特許についてのご質問及びご相談等については、公開特許番号、ご質問内容・ご相談内容等、お名前、会社名、ご連絡先(電話番号、FAX番号、メールアドレス)をご記入の上、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close