TOP > 国内特許検索 > 密閉容器内の粉粒体層の流動化方法および装置

密閉容器内の粉粒体層の流動化方法および装置 コモンズ

国内特許コード P020000157
整理番号 U1999P131
掲載日 2003年5月27日
出願番号 特願2000-027064
公開番号 特開2001-212448
登録番号 特許第3427178号
出願日 平成12年2月4日(2000.2.4)
公開日 平成13年8月7日(2001.8.7)
登録日 平成15年5月16日(2003.5.16)
発明者
  • 藤間 幸久
  • 遠藤 琢磨
  • 出口 清一
出願人
  • 学校法人名古屋大学
発明の名称 密閉容器内の粉粒体層の流動化方法および装置 コモンズ
発明の概要 密閉容器内で粉粒体層を流動化して流動層の形成を行う方法。
密閉容器に、粉粒体層内に気体を導入するため、弁の付いた通気管を装着し、通気管で密閉容器内側の天井部と底部との間を連通させる。この密閉容器を加振手段によって上下方向に振動させながら、この振動に伴って生じる密閉容器内の気体の流れを通気管の弁の開閉によって制御することにより、粉粒体層を流動化させる。密閉容器内で粉粒体層を流動化することにより、流動層を構成する粉粒体や、流動層を用いて加熱処理等を行う原材料の散逸が無く、雰囲気調整が容易で、均一な加熱場での処理を行うことが可能となる。
従来技術、競合技術の概要 各種の粉体や粒子等の粉粒体層に気流を導入して流動化させた流動層は、化学工業等で、原材料の乾燥や、発電等のための燃料の燃焼、触媒を用いた各種反応や、造粒・コーティング等に広く利用されている。
このような分野で、特に乾燥等のための加熱処理等を行う工程で流動層を形成する際には、流動層を形成する粉粒体を密閉系内で流動化することができれば、流動層を構成する粉粒体や加熱処理等を行う原材料等の散逸が無く、雰囲気調整が容易な、
より均一な加熱場を迅速に得ることが可能となる。
近年、ごみ焼却時に発生するダイオキシンの処理が大きな問題となっている。ごみ焼却の際の燃焼灰中に含まれるダイオキシンは、無酸素雰囲気、温度400℃の条件下で熱分解されることが知られている。そのため、燃焼灰中のダイオキシンを処理するた
めには、処理効率を向上させるためにも、また安全性の観点からも、密閉系中で行うことが望ましい。
産業上の利用分野 密閉容器内で粉粒体層を流動化して流動層の形成を行う方法
特許請求の範囲 【請求項1】 密閉容器内に形成した粉粒体層を流動化するに際し、前記密閉容器に、前記粉粒体層内に気体を導入するための気体導入手段と、弁を有し、前記気体導入手段と前記密閉容器内側の天井部またはその近傍との間を連通させる連通手段と、前記密閉容器を振動させる加振手段とを設け、前記密閉容器を前記加振手段によって上下方向に振動させ、かつ、この振動に伴って生じる前記密閉容器内の気体の流れを、前記連通手段に設けた弁の開閉によって制御しつつ前記気体導入手段を通して前記粉粒体層内に導入することにより、前記粉粒体層を流動化させることを特徴とする、密閉容器内の粉粒体層の流動化方法。
【請求項2】 請求項1記載の方法において、前記弁の開閉を前記加振機の振動と同期させて制御することを特徴とする、密閉容器内の粉粒体層の流動化方法。
【請求項3】 密閉容器と、この密閉容器の内側に、その天井部と底部との間にそれぞれ所定の大きさの空間を設けるように配置した分散板と、前記天井部と前記分散板との間の空間と、前記底部と前記分散板との間との間の空間とを接続するように、前記密閉容器に設けた通気管と、前記通気管の途中に設けた弁と、前記密閉容器を振動させるための加振機とを具え、前記分散板上に粉粒体層を形成し、前記加振機により前記密閉容器を上下方向に振動させ、かつ、この振動に伴って生じる前記密閉容器内の気体の流れを前記通気管の弁の開閉によって制御することにより、前記粉粒体層を流動化させることを特徴とする、粉粒体層の流動化装置。
【請求項4】 密閉容器と、前記密閉容器内側の天井近傍と底部近傍との間に設けられ、前記天井および前記底部に向けてそれぞれ開口し、それによって前記天井近傍の空間と前記底部近傍の空間とを連通させる通気管と、前記通気管の途中に設けた弁と、前記密閉容器を振動させるための加振機とを具え、前記密閉容器底部上に粉粒体層を前記通気管の下端を埋設するように形成し、前記加振機により前記密閉容器を上下方向に振動させ、かつ、この振動に伴って生じる前記密閉容器内の気体の流れを前記通気管の弁の開閉によって制御することにより、前記粉粒体層を流動化させることを特徴とする、粉粒体層の流動化装置。
【請求項5】 請求項3または4記載の装置において、前記弁の開閉を前記加振機の振動と同期させて制御することを特徴とする、粉粒体層の流動化装置。
【請求項6】 請求項3~5のいずれか1項記載の装置を具える、燃焼灰の処理装置。
産業区分
  • 処理操作
  • 機構・伝動
  • 廃棄物処理
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close