TOP > 国内特許検索 > 抗健忘症ペプチド

抗健忘症ペプチド 新技術説明会

国内特許コード P03A000635
整理番号 U2000P079
掲載日 2005年8月12日
出願番号 特願2000-266597
公開番号 特開2002-080393
登録番号 特許第3660978号
出願日 平成12年9月4日(2000.9.4)
公開日 平成14年3月19日(2002.3.19)
登録日 平成17年4月1日(2005.4.1)
発明者
  • 吉川 正明
出願人
  • 国立大学法人京都大学
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 抗健忘症ペプチド 新技術説明会
発明の概要 老人性疾患に有効な、機能性ペプチドを提供する。エンテロスタチン(Val-Pro-Asp-Pro-Arg)及びそのフラグメントペプチド(Pro-Asp-Pro-Arg、Asp-Pro-Arg、cyclo( Asp-Pro) )は抗健忘作用を有しており、健忘症の予防剤又は症状改善剤として有用な機能性ペプチドが、本発明により与えられた。更にエンテロスタチンのフラグメントペプチド(Pro-Asp-Pro-Arg、Asp-Pro-Arg)は血清コレステロール低下剤を有しており、血清コレステロール低下剤として有用な機能性ペプチドもまた、本発明により与えられた。
従来技術、競合技術の概要



【従来の技術】

近年、高齢化社会の到来により、老人性痴呆症や高コレステロール血症に由来する心血管疾患などの老人性疾患を、治療ないし予防することが求められている。従来、抗健忘症作用を有する物質として、鎮痛、麻酔等のオピオイド活性を有するペプチド(特開平9-227590)、プロリルプロリン誘導体(特開平8-3132)、プロリルエンドペプチダーゼ阻害活性を有するストレプトミセス属生物の発酵生産物BU-4164EA及びB(特開平6-279413)、プロリルエンドペプチダーゼ阻害作用を有するエンジュラシジンA(特開平5-301826)、アセチルコリンエステラーゼ阻害活性を有し、スコポラミン誘発健忘症モデルに対して活性を有するキノリン誘導体(特開平5-279355)、プロリルエンドペプチーゼ阻害作用を有し、ミクロビスボラ属微生物の発酵産生物であるペプチドSNA-115(特開平5-262795)等が知られている。





他方、種々の疾病の予防あるいは治療に有用な機能性ペプチドについて様々な報告も近年数多くあり、本発明者らもGly-Tyr-Pro-Met-Tyr-Pro-Leu-Pro-Argで示される、米蛋白質に含まれる機能性ペプチドであるオリザテンシンが抗オピオイド活性、ファゴサイトーシス活性、インターロイキン1産生促進活性をもつことを報告した(特開平7-258288)。また、本発明者らは、牛乳カゼイン(κ-casein)のトリプシン消化物から得られ、補体C3aレセプターを介して回腸収縮活性、免疫促進活性を示す、抗オピオイドペプチドとして知られている、Tyr-Ile-Pro-Ile-Gln-Tyr-Val-Leu-Ser-Argで表されるカソキシン(Casoxin)Cの側脳室内投与によって、オピオイドの鎮痛作用を抑制すること、またスコポラミン誘発及び脳虚血による健忘にたいして改善効果示すことを報告した(Opioid Simposium 17,Supplement,96-100)。





また、血清コレステロール低下作用を有する物質について、本発明者らは特開平11-292896において、X-Pro-Leu-Pro-Arg(XはLeu、Ile、Met、Phe、Trpである)で示されるペプチドが、血中コレステロールを低下させる作用を有することを報告している。また、4残基の回腸収縮ペプチドであるβ-ラクトテンシン(His-Ile-Arg-Leu)が、経口投与においてコレステロール低下作用を有することを見出している。また、ダイズ蛋白質由来の構造未知の高分子ペプチドが胆汁酸を吸着し、その再吸収を阻害することによってコレステロール低下作用を示すことが、知られている。

産業上の利用分野



【発明の属する技術分野】

本発明は、健忘症の予防剤又は症状改善剤として有用な機能性ペプチドに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】 Val-Pro-Asp-Pro-Argで表されるペプチドを有効成分として含有することを特徴とする、健忘症の予防剤又は症状改善剤。
【請求項2】 Pro-Asp-Pro-Argで表されるペプチドを有効成分として含有することを特徴とする、健忘症の予防剤又は症状改善剤。
【請求項3】 Asp-Pro-Argで表されるペプチドを有効成分として含有することを特徴とする、健忘症の予防剤又は症状改善剤。
【請求項4】 cyclo(Asp-Pro)で表されるペプチドを有効成分として含有することを特徴とする、健忘症の予防剤又は症状改善剤。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close