TOP > 国内特許検索 > 可逆的に水素を吸蔵放出する材料及び該材料を充填した水素吸蔵装置

可逆的に水素を吸蔵放出する材料及び該材料を充填した水素吸蔵装置 新技術説明会

国内特許コード P03A003260
整理番号 U2001P255
掲載日 2003年12月22日
出願番号 特願2002-084935
公開番号 特開2003-277026
登録番号 特許第3747243号
出願日 平成14年3月26日(2002.3.26)
公開日 平成15年10月2日(2003.10.2)
登録日 平成17年12月9日(2005.12.9)
発明者
  • 斎藤 秀俊
  • 伊藤 治彦
  • 大塩 茂夫
  • 大河原 吉明
  • 赤坂 大樹
出願人
  • 国立大学法人長岡技術科学大学
発明の名称 可逆的に水素を吸蔵放出する材料及び該材料を充填した水素吸蔵装置 新技術説明会
発明の概要 特別な材料や特殊な工程、装置等を必要とせずに安価に製造することができ、しかも水素吸蔵量の大きい可逆的に水素を吸蔵放出する材料、及び該材料を充填した水素吸蔵装置を提供する。水素、炭素及び窒素を構成原子とし、材料中に3~60原子%の窒素を含有するアモルファス乃至微結晶水素化窒化炭素によって、可逆的に水素を吸蔵放出する材料を構成する。この可逆的に水素を吸蔵放出する材料は、例えば図9に示す水素吸蔵特性を示す。
従来技術、競合技術の概要
従来、可逆的に水素を吸蔵放出する材料(以下、単に「水素吸蔵材料」ということがある)としては、水素吸蔵合金や、活性炭、或る種の処理を施した炭素繊維、カーボンナノチューブ等種々の材料が提案されている。
しかしながら、これら従来の水素吸蔵材料は、水素吸蔵合金では単位重量当りの吸蔵量が小さい、吸蔵・放出の繰り返しにより劣化(合金の微粉化や構造変化)が生じる、希少金属を含む合金では原料の確保が困難である等の問題があった。
また、他の水素吸蔵材料では、高価な原料や特殊な処理工程を必要としコストが高くなる、水素の吸蔵量が小さく実用的でない等の欠点があった。
産業上の利用分野
本発明は、可逆的に水素を吸蔵放出する材料、詳しくはアモルファス乃至微結晶水素化窒化炭素からなる可逆的に水素を吸蔵放出する材料に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】水素、炭素及び窒素を構成原子とし、材料中に3~60原子%の窒素を含有するアモルファス乃至微結晶水素化窒化炭素からなる、可逆的に水素を吸蔵放出する材料。
【請求項2】前記材料中に3~60原子%の結合水素を含有することを特徴とする請求項1に記載の可逆的に水素を吸蔵放出する材料。
【請求項3】前記材料が水素終端構造を有することを特徴とする請求項1又は2に記載の可逆的に水素を吸蔵放出する材料。
【請求項4】前記材料中のsp炭素とsp炭素の存在比が、〔sp〕/(〔sp〕+〔sp〕)=0~1.0であることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の可逆的に水素を吸蔵放出する材料。
【請求項5】前記材料が10MPaの水素加圧により、室温で前記材料の0.5重量%以上の水素を吸蔵するものであることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の可逆的に水素を吸蔵放出する材料。
【請求項6】前記材料が粉末乃至フレーク状の形状を有するものであることを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載の可逆的に水素を吸蔵放出する材料。
【請求項7】前記材料がプラズマCVD法により形成されたものであることを特徴とする請求項1~6のいずれかに記載の可逆的に水素を吸蔵放出する材料。
【請求項8】前記材料が熱分解重合法により形成されたものであることを特徴とする請求項1~6のいずれかに記載の可逆的に水素を吸蔵放出する材料。
【請求項9】請求項1~8のいずれかに記載の可逆的に水素を吸蔵放出する材料を容器内に充填した水素吸蔵装置。
【請求項10】該容器が耐圧容器であることを特徴とする請求項9に記載の水素吸蔵装置。
【請求項11】可逆的に水素を吸蔵放出する材料を容器内に充填した後に、加圧下に水素を吸蔵させたことを特徴とする請求項9又は10に記載の水素吸蔵装置。
産業区分
  • 無機化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close