TOP > 国内特許検索 > 人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ

人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ コモンズ

国内特許コード P03A003455
整理番号 WASEDA-8
掲載日 2004年3月25日
出願番号 特願平11-158780
公開番号 特開2000-342692
登録番号 特許第4166905号
出願日 平成11年6月4日(1999.6.4)
公開日 平成12年12月12日(2000.12.12)
登録日 平成20年8月8日(2008.8.8)
発明者
  • 梅津 光生
  • 堀切 芳一
  • 丹治 一幸
  • 曽我 新吾
出願人
  • 早稲田大学
発明の名称 人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ コモンズ
発明の概要 冠動脈ステントの動的状況下における性能評価シミュレータを提供する。所定の間隔で拍動して生理食塩水を吐出するポンプ1を備えた冠循環装置16と、前記冠循環装置16の液体流路5の分岐管路9に設けられたシリコンチューブ11とを有する。このシリコンチューブ11は、冠動脈ステント17が挿入される人の冠動脈に模して調整されたものである。前記分岐管路9には、シリコンチューブ11に近在して絞り機構12を有する。この絞り機構12は、ポンプ1の拍動と同期可能となっている。
産業上の利用分野 冠動脈の狭窄および閉塞部をバルーンで拡張後、その部位の内腔を維持するために用いられる冠動脈ステントの動的状況下における性能評価シミュレータに関し、また、人工冠動脈の動的状況下における性能評価シミュレータ
特許請求の範囲 【請求項1】人工冠動脈及び冠動脈ステントの挙動を予測するための人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータであって、所定の間隔で拍動して液体を吐出するポンプ機構を備えた冠循環装置と、前記冠循環装置の液体流路に設けられた冠動脈ステントが挿入される可撓性チューブと、前記可撓性チューブに近在して設けられた液体流路の絞り機構とを有し、前記絞り機構が前記ポンプ機構と同期可能であることを特徴とする人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ。
【請求項2】前記ポンプ機構がエアポンプを有し、前記絞り機構が前記液体流路に設けられた弾性チューブと、この弾性チューブに近接した圧迫体とからなり、前記圧迫体が前記エアポンプに連動して設けられていることを特徴とする請求項1記載の人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ。
【請求項3】前記可撓性チューブがシリコンチューブであり、人の冠動脈に模して調整されたものであることを特徴とする請求項1又は2記載の人工冠動脈及び冠動脈ステント性能評価シミュレータ。
産業区分
  • 治療衛生
  • 運動娯楽用
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
技術導入、技術提携、実用化開発(受託研究・共同研究等)のご相談を承っております。お気軽にご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close