TOP > 国内特許検索 > 電気自動車の駆動装置

電気自動車の駆動装置 コモンズ

国内特許コード P04A004254
整理番号 A071P113
掲載日 2004年6月18日
出願番号 特願2002-277030
公開番号 特開2004-120821
登録番号 特許第3720316号
出願日 平成14年9月24日(2002.9.24)
公開日 平成16年4月15日(2004.4.15)
登録日 平成17年9月16日(2005.9.16)
発明者
  • 清水 浩
出願人
  • 独立行政法人科学技術振興機構
発明の名称 電気自動車の駆動装置 コモンズ
発明の概要

【課題】道路の状況に応じて、電気自動車の駆動輪を的確に選択できる電気自動車の駆動装置を提供する。
【解決手段】4輪以上の車輪を有する電気自動車において、全ての車輪1~4に駆動及び回生制動可能な駆動用モーター5~8を装着し、走行状態に応じて、前記車輪1~4の内の複数の車輪を駆動輪あるいは回生制動輪として選択するようにした。
【選択図】  図1

従来技術、競合技術の概要
自動車の駆動装置としては、全ての車輪に駆動装置を備え、それぞれの車輪にかかる荷重に応じて駆動力を制御することが最も好ましい。すなわち、各車輪に加わる荷重に比例した駆動を行うことにより、タイヤと路面との摩擦力を最大に利用することができ、加速時のスピンを最小に抑えることができる。
産業上の利用分野
本発明は、駆動用モーターを装備した電気自動車に係り、特に電気自動車の走行状況に応じて駆動輪・回生制動輪を選択できるようにした駆動装置に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 4輪以上の車輪を有する電気自動車において、
全ての車輪に駆動及び回生制動可能な駆動用モーターを装着し、走行状態に応じて、前記車輪の内の複数の車輪を駆動輪あるいは回生制動輪として選択するとともに、平坦路及び登坂路走行時には後輪又は後輪群を駆動輪として選択し、降坂時には前輪又は前輪群を駆動輪として選択することを特徴とする電気自動車の駆動装置。
【請求項2】 請求項1記載の電気自動車の駆動装置において、旋回時には半径方向外側の車輪を駆動輪として選択することを特徴とする電気自動車の駆動装置。
【請求項3】 請求項1記載の電気自動車の駆動装置において、制動時には全ての車輪を回生制動輪として選択することを特徴とする電気自動車の駆動装置。
【請求項4】 4輪以上の車輪を有する電気自動車の駆動装置において、全ての車輪に駆動及び回生制動可能な駆動用モーターを装着し、走行状態に応じて、前記車輪の内の複数の車輪を駆動輪あるいは回生制動輪として選択し、旋回時には半径方向外側の車輪を駆動輪として選択するとともに、半径方向内側の車輪を回生制動輪として選択することを特徴とする電気自動車の駆動装置。
【請求項5】 4輪以上の車輪を有する電気自動車の駆動装置において、全ての車輪に駆動及び回生制動可能な駆動用モーターを装着し、走行状態に応じて、前記車輪の内の複数の車輪を駆動輪あるいは回生制動輪として選択し、旋回時には半径方向外側の車輪を駆動輪として選択するとともに、駆動輪を選択する走行状態の判断情報としてサスペンションのストローク量を用いることを特徴とする電気自動車の駆動装置。
【請求項6】 請求項記載の電気自動車の駆動装置において、平坦路及び登坂路走行時には後輪又は後輪群を駆動輪として選択し、降坂時には前輪又は前輪群を駆動輪として選択することを特徴とする電気自動車の駆動装置。
産業区分
  • 発電、電動
  • 自動車
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2002277030thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
参考情報 (研究プロジェクト等) CREST 環境低負荷型の社会システム 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close