TOP > 国内特許検索 > 腸管出血性大腸菌O157保菌牛の排菌阻止剤

腸管出血性大腸菌O157保菌牛の排菌阻止剤

国内特許コード P04A004727
掲載日 2004年11月29日
出願番号 特願平11-075053
公開番号 特開2000-273047
登録番号 特許第3353063号
出願日 平成11年3月19日(1999.3.19)
公開日 平成12年10月3日(2000.10.3)
登録日 平成14年9月27日(2002.9.27)
発明者
  • 大宅 辰夫
出願人
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 腸管出血性大腸菌O157保菌牛の排菌阻止剤
発明の概要 ストレプトコッカス・ボビスLCB6株又はラクトバチラス・ガリナルムLCB12株を有効成分として含有する腸管出血性大腸菌O157保菌牛の排菌阻止剤である。排菌阻止剤中に含まれる菌体の量は製剤形態に応じて適宜変更することができるが、生菌製剤として使用する場合10億cfu/gとするのが好ましく、大腸菌O157保菌牛への投与量は排菌阻止剤中の菌体濃度などに応じて適宜選択し得るが、1頭当たりの投与量が100億cfuとなるようにするのが好ましく、直接あるいは飼料とともに牛に投与する。排菌阻止剤を投与する牛は子牛、成牛のいずれであってもよく、また雌雄どちらであってもよい。
従来技術、競合技術の概要 動物医薬品検査所が公開している動物用医薬品データベース(http://www.nval.go.jp/yakkou/YAK056.html)によると、家畜の単純性下痢の予防・治療、第1胃異常発酵の治療、整腸効果を得ることを目的として、乳酸菌(ラクトバチラス属)、乳酸産生性芽胞菌(クロストリジウム属)、バチラス属、腸球菌(ストレプトコッカス属)、酵母などを利用した家畜用の生菌製剤が市販されている。また、Fuller著(1992)、Probiotics、Chapman & Hall(ケンブリッジ)、光岡知足編(1990)、腸内細菌学、朝倉書店などにも種々の微生物を利用した家畜用生菌製剤に関する記述がある。しかし、以上の成書及びデーターベースには、大腸菌O157を保菌している牛の排菌の阻止を目的として、ストレプトコッカス・ボビス(Streptococcus bovis)やラクトバチラス・ガリナルム(Lactobacillus gallinarum)に属する微生物を利用したという報告はない。
産業上の利用分野 ストレプトコッカス・ボビス又はラクトバチラス・ガリナルムに属し、腸管出血性大腸菌O157(以下、「大腸菌O157」という)保菌牛に対し排菌阻止効果を持つ微生物を有効成分として含有することを特徴とする大腸菌O157保菌牛の排菌阻止剤
特許請求の範囲 【請求項1】 ストレプトコッカス・ボビスLCB6株又はラクトバチラス・ガリナルムLCB12株を有効成分として含有することを特徴とする腸管出血性大腸菌O157保菌牛の排菌阻止剤。
【請求項2】 製剤形態が、生菌製剤であることを特徴とする請求項1記載の排菌阻止剤。
産業区分
  • 薬品
  • 微生物工業
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

08276_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close