TOP > 国内特許検索 > NO-r蛋白質S、該蛋白質Sを含む血管弛緩剤、並びに該蛋白質Sの作製方法

NO-r蛋白質S、該蛋白質Sを含む血管弛緩剤、並びに該蛋白質Sの作製方法

国内特許コード P04A004788
掲載日 2004年11月29日
出願番号 特願平09-075461
公開番号 特開平10-265497
登録番号 特許第3106178号
出願日 平成9年3月27日(1997.3.27)
公開日 平成10年10月6日(1998.10.6)
登録日 平成12年9月8日(2000.9.8)
発明者
  • 塚田 益裕
  • 山川 稔
  • 鎮西 康雄
出願人
  • 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長
発明の名称 NO-r蛋白質S、該蛋白質Sを含む血管弛緩剤、並びに該蛋白質Sの作製方法
発明の概要 本発明で用いる蛋白質は、吸血性昆虫の唾液腺より分離、精製した蛋白質で、クローニングにより多量に得られ、916の塩基配列・アミノ酸配列からなるγ蛋白質Sである。このγ蛋白質Sは、一酸化窒素と可逆的に結合し、人を含む動物の血管・子宮その他の平滑筋を弛緩する活性を持ち、また、一酸化窒素を解離・放出することで血小板凝集阻害活性、生体防御・感染防御活性を持つものである。本発明の血管弛緩剤は、上記γ蛋白質Sを有効成分として含有するものである。このγ蛋白質Sは一酸化窒素と結合したNO-γ蛋白質Sであることが望ましい。本発明のペプチドは上記γ蛋白質Sの配列の部分配列を持つものである。
従来技術、競合技術の概要 高齢化社会を迎え、成人病がますます重要な社会問題となってきた。成人病に起因する症状、特に血液関連の疾病、例えば高血圧症、肺高血圧症、心筋梗塞、脳梗塞、肺梗塞、クモ膜下出血後の血管攣縮などのように、血管が細くしかも硬くなることによって起こる疾病を治療したり、予防することは、高年齢層の社会では重要な課題である。これらの疾病は、血管弛緩拡張剤や血液凝固阻害剤によって治療したり予防することができる。従来はニトログリセリンを代表とするいくつかの一酸化窒素(NO)供与体やセリンプロテアーゼ阻害剤などによって予防・治療がなされてきた。血管弛緩作用を持つニトログリセリンが使用されたのは100年以上遡る。また、黄色ブドウ球菌の中でも抗生物質に対して強い耐性を示すメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や、最近、社会問題として大きくクローズアップされたO-157大腸菌を始めとする細菌感染、赤痢アメーバ・クリプトスポリジウム・マラリアなどの原虫感染などのいわゆる新興感染症(emerging diseases)が現代社会で特徴的に増加の傾向が見られている。これらの病原体は、抗生物質では増殖を抑制し難いか、あるいは全く無効であるため、これに対する有効な予防・治療薬が求められている。一酸化窒素はこれらに対する殺傷活性を持つことが知られており、これらの病原菌の活性を抑制するためにはNO供与体が極めて有効であると考えられている。
産業上の利用分野 血管弛緩活性、血小板凝集阻害活性及び生体防御・感染防御活性を持つ蛋白質、該蛋白質を含有する血管弛緩剤、並びに該蛋白質の作製方法
特許請求の範囲 【請求項1】 吸血性昆虫の唾液腺より分離、精製し、cDNAクローニングにより塩基配列解析して得られる配列番号1で示される塩基配列・アミノ酸配列からなるr蛋白質Sとヘミンとが等モルで結合されたヘミン結合r蛋白質Sに一酸化窒素(NO)が結合されてなり、この結合されたNOが37℃、pH7.4で有効に解離されることを特徴とするNO-r蛋白質S。
【請求項2】 前記NO-r蛋白質Sが血管弛緩活性を持つものである請求項1記載のNO-r蛋白質S。
【請求項3】 前記NO-r蛋白質Sが血小板凝集阻害活性、生体防御・感染防御活性を持つものである請求項1記載のNO-r蛋白質S。
【請求項4】 請求項1~3のいずれかに記載のNO-r蛋白質Sを有効成分として含有する血管弛緩剤。
【請求項5】 吸血性昆虫の唾液腺より分離、精製した蛋白質のcDNAをオートグラファ カリフォルニカの核多角体ウイルスAcNPVに組み込み、イラクサギンウワバのTn5細胞で発現させ、または該蛋白質のcDNAをカイコの核多角体ウイルスBmNPVに組み込み、カイコの培養細胞BmN4もしくはカイコの幼虫を用いて発現させ、かくして得られる配列番号1で示される塩基配列・アミノ酸配列からなるr蛋白質Sとヘミンとを等モルで結合せしめ、得られたヘミン結合r蛋白質Sに一酸化窒素(NO)を結合してNO-r蛋白質Sを得ること、この結合されたNOが37℃、pH7.4で有効に解離されるものであることを特徴とするNO-r蛋白質Sの作製方法。
産業区分
  • 有機化合物
  • 薬品
  • 微生物工業
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

08334_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close