TOP > 国内特許検索 > 浅層型スラリーインジェクタ

浅層型スラリーインジェクタ

国内特許コード P04A004842
掲載日 2004年11月29日
出願番号 特願2001-229356
公開番号 特開2003-038012
登録番号 特許第3593560号
出願日 平成13年7月30日(2001.7.30)
公開日 平成15年2月12日(2003.2.12)
登録日 平成16年9月10日(2004.9.10)
発明者
  • 澤村 篤
  • 住田 憲俊
  • 糸川 信弘
  • 石田 三佳
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 浅層型スラリーインジェクタ
発明の概要 家畜糞尿のようなスラリーを圃場の浅層に施用する浅層型スラリーインジェクタの開発。家畜糞尿のようなスラリーを圃場土中に連続して施用するスラリーインジェクタであって、(1).インジェクタ2によるスラリーの圃場土中への施用深さを、地表から15cm付近までの浅層とした。(2).インジェクタ2を幅方向に複数条設け、各インジェクタ2を圃場の凹凸に対して独立して追従可能に取り付け、スラリーの注入深さを確保して露出を防ぐように構成した。(3).インジェクタ2を上下方向に作動する平行リンク12とバネ13により独立懸架し、インジェクタ2が土中障害物に接触すると上方に移動する構成とした。(4).インジェクタ2を左右回動可能に装着し、インジェクタ2を土中に挿入したまま旋回可能に構成した。
従来技術、競合技術の概要



家畜糞尿のようなスラリーを圃場に施用する場合、バキュームタンカ等で圃場表面に散布(表面施用)すると臭気の発生がひどく、府県等の住宅地が近接した条件では臭気公害の問題が発生している。臭気を防ぐには、従来の土中20~30cmの深層にスラリーを施用する技術があるが、この方式では地下水汚染や肥料成分の効率的な利用が行われないなどの問題や、特に作業上、高馬力のトラクタを必要とし、表面施用の場合と比べて作業能率が極端に悪いことが問題としてあった。加えて、圃場端でインジェクタを持ち上げた場合にスラリーの滴下が生じ、臭いの発生や作業機への付着等の問題があった。

産業上の利用分野



本発明は、家畜糞尿のようなスラリーを圃場の浅層に施用する浅層型スラリーインジェクタに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
トラクタ(1)に連結され、幅方向に複数条設けられて家畜糞尿のようなスラリーを圃場土中に連続して施用するインジェクタ(2)において、
前記インジェクタ(2)は、掘削刃(16)の後にスラリー注入管(17)及び覆土板(18)を配設し、該掘削刃(16)、スラリー注入管(17)及び覆土板(18)を、本体フレーム(6)に対して先端部が回転支持部材(10)を介して左右回動可能に支持された支持アーム(11)の後部側に、上下方向に作動する平行リンク(12)、該平行リンク(12)に架設されたバネ(13)及び上下移動範囲規制部材(14)を介して支持し、
前記本体フレーム(6)に、ゲージホイール(19)を上下移動してインジェクタ(2)によるスラリーの圃場土中への施用深さを調節する上下調節支持装置(20)及びインジェクタ(2)の作業を安定させるウエイト(32)を備え、インジェクタ(2)によるスラリーの圃場土中への施用深さを、地表から15cm付近までの浅層に設定し、
前記インジェクタ(2)を、前記平行リンク(12)、バネ(13)、上下移動範囲規制部材(14)及び前記回転支持部材(10)により圃場の凹凸に対して独立して追従可能に懸架し、インジェクタ(2)が土中の障害物に接触すると上方、左右に移動でき、スラリーの注入深さを確保して圃場表面への露出を防ぐようにし、かつ前記回転支持部材(10)によりインジェクタ(2)を土中に挿入したまま旋回可能に支持したことを特徴とする浅層型スラリーインジェクタ。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

13393_01SUM.gif
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close