TOP > 国内特許検索 > 運搬車輌のテールゲート昇降装置

運搬車輌のテールゲート昇降装置

国内特許コード P04A004878
掲載日 2004年11月29日
出願番号 特願平09-188371
公開番号 特開平11-028963
登録番号 特許第3174846号
出願日 平成9年7月14日(1997.7.14)
公開日 平成11年2月2日(1999.2.2)
登録日 平成13年4月6日(2001.4.6)
発明者
  • 細川 寿
  • 深澤 秀夫
  • 渡辺 輝夫
  • 薬師堂 謙一
  • 今園 支和
出願人
  • 農林水産省九州農業試験場長
発明の名称 運搬車輌のテールゲート昇降装置
発明の概要 本発明は荷台を有する運搬車輌の後端部に設けられ荷物の積み降ろしに使用されるテールゲート昇降装置であって、この昇降装置は門形をしたテールゲートに荷物を載置する昇降台を昇降フレームを介して昇降可能に設け、昇降台及び昇降フレームをテールゲートに設けたモータ、制御ボックス、操作スイッチを操作して昇降作動させるようにし、荷台に対して固定、固定解除可能の移動・固定用フレームを有していて、この昇降装置を使用するときに移動。固定用フレームを荷台に固定用ピンにより取り付け、不要の際には固定用ピンを抜き取って取り外し可能とした。またテールゲート昇降装置の昇降フレームの下端部及び移動・固定用フレームに着脱可能な移動用補助アームの下端部にそれぞれ移動車輪を設け、荷台に対して移動車輪により前後移動させて移動・固定用フレームを荷台に固定用ピンを介して着脱するようにした。
従来技術、競合技術の概要 従来、荷台を有する軽トラック等の運搬車輌の後端部に、荷物の積み降ろしに使用されるテールゲート昇降装置を設けた運搬車輌が周知である。
産業上の利用分野 軽トラック等の運搬車輌の荷台に対して、荷物の積み降ろしに使用されるテールゲート昇降装置を着脱可能とした運搬車輌のテールゲート昇降装置
特許請求の範囲 【請求項1】 荷台(2)を有する運搬車輌(1)の後端部に設けられ、荷物の積み降ろしに使用されるテールゲート昇降装置(3)であって、上記テールゲート昇降装置(3)は、門形をしたテールゲート(4)に荷物を載置する昇降台(5)を昇降フレーム(6)を介して昇降可能に設け、該昇降台(5)及び昇降フレーム(6)を、テールゲート(4)に設けたモータ(7)、制御ボックス(8)、操作スイッチ(9)を操作して昇降作動させるようにし、上記荷台(2)に対して固定、固定解除可能の移動・固定用フレーム(11)を有していて、該テールゲート昇降装置(3)を使用するときに上記移動・固定用フレーム(11)を荷台(2)に固定用ピン(12)により取付け、不要の際には固定用ピン(12)を抜き取って取り外し可能としたことを特徴とする運搬車輌のテールゲート昇降装置。
【請求項2】 上記テールゲート昇降装置(3)の昇降フレーム(6)の下端部及び移動・固定用フレーム(11)に着脱可能な移動用補助アーム(13)の下端部にそれぞれ移動車輪(14)を設け、上記荷台(2)に対して移動車輪(14)により前後移動させて上記移動・固定用フレーム(11)を荷台(2)に固定用ピン(12)を介して着脱するようにしたことを特徴とする請求項1記載の運搬車輌のテールゲート昇降装置。
産業区分
  • 自動車
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

08422_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close