TOP > 国内特許検索 > 作物個体別追肥方法及び装置

作物個体別追肥方法及び装置

国内特許コード P04A004887
掲載日 2004年11月29日
出願番号 特願平11-058843
公開番号 特開2000-279030
登録番号 特許第3225269号
出願日 平成11年3月5日(1999.3.5)
公開日 平成12年10月10日(2000.10.10)
登録日 平成13年8月31日(2001.8.31)
発明者
  • 石田 茂樹
  • 豊田 政一
  • 増田 欣也
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 作物個体別追肥方法及び装置
発明の概要 【課題】 列状に栽培されている作物の個体の大きさを計測し、それぞれの個体に応じて追肥を行って作物全体の生育をほぼ平均化させる。
【解決手段】 .列状に栽培されている作物の各個体の生育状態をカラービデオカメラ3により撮影し、この撮影した映像を画像処理して各個体作物の生育状況を把握し、それぞれの個体作物の生育状況に応じて追肥機構に指令を発して追肥量を制御し、以後の作物全体の生育をほぼ平均化させて一斉収穫を可能にする作物個体別追肥方法。.トラクタ2に、追肥機構6と、作物列を上方から撮影するカラービデオカメラ3と、カラービデオカメラ3からの映像を画像処理して個体作物別の葉面積を計測する画像処理用コンピュータ4と、個体作物別の葉面積情報に基づいて追肥機構6に制御信号を発して個体作物別に施肥する追肥機構制御用コンピュータ5と、位置センサー11を備えた作物個体別追肥装置。
従来技術、競合技術の概要



北海道のような大規模畑作地帯において一斉機械収穫を前提とした直播野菜栽培体系を確立するには、移植栽培より大きな発芽及び初期生育の不揃いを解消する技術が必要とされる。これらの解決には、品種開発、栽培技術、機械開発など種々な側面からのアプローチが考えられる。しかし、従来の技術では、圃場全体にほぼ均等な量の施肥をすることで作物の管理をしていたため、その時点で生育に差がある個体間の不揃いを解消できない。

産業上の利用分野



本発明は、列状に栽培されている作物の個体の大きさを計測し、それぞれの個体に応じて追肥を行って作物全体の生育をほぼ平均化させるようにした作物個体別追肥方法及び装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
圃場に栽培されている作物の生育状態をカメラにより撮影し、この撮影した映像を画像処理して作物の位置情報と葉面積情報を得て個体作物の生育状況を把握し、それぞれの個体作物の生育状況に応じて追肥機構を作動させて個体作物毎に施肥量を制御して追肥を行うことを特徴とする作物個体別追肥方法。

【請求項2】
列状に栽培されている作物の各個体の生育状態をカメラにより撮影し、この撮影した映像を画像処理して作物の位置情報と葉面積情報を得て各個体作物の生育状況を把握し、それぞれの個体作物の生育状況に応じて追肥機構に指令を発して追肥量を制御し、以後の作物の生育コントロールを行って作物全体の生育をほぼ平均化させ、一斉収穫を可能にすることを特徴とする請求項1記載の作物個体別追肥方法。

【請求項3】
移動車体に、追肥機構と、作物列を上方から撮影するビデオカメラと、ビデオカメラからの映像を画像処理して個体作物別の位置及び葉面積を計測する画像処理用コンピュータと、個体作物別の位置及び葉面積情報に基づいて追肥機構に制御信号を発して個体作物別に施肥量を制御して施肥する追肥機構制御用コンピュータと、施肥位置センサーを備えたことを特徴とする作物個体別追肥装置。

【請求項4】
上記追肥機構に、ノズル駆動制御用電動クラッチを有する液肥注入ノズル及びノズル駆動兼位置センサーを設けたことを特徴とする請求項3記載の作物個体別追肥装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1999058843thum.jpg
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close