TOP > 国内特許検索 > 透水試験装置

透水試験装置

国内特許コード P04A004927
掲載日 2004年11月29日
出願番号 特願平10-026399
公開番号 特開平11-211649
登録番号 特許第2987434号
出願日 平成10年1月23日(1998.1.23)
公開日 平成11年8月6日(1999.8.6)
登録日 平成11年10月8日(1999.10.8)
発明者
  • 豊田 裕道
  • 長束 勇
  • 森山 英樹
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 透水試験装置
発明の概要 【課題】異なる施工状態の遮水材の遮水性能を、所望の部位を任意に選択して評価する。
【解決手段】筒状本体3には、供試体容器2が取り替え可能に収納される。供試体容器2は、透明な筒状壁10と細孔13が多数穿設された底板11を備えている。底板11には、Oリング14~16が配置され底板11を所定の領域A1 ~A4 に区画割りしている。底板11の区画割りされた領域A1 ~A4 ごとに施工状況に基づいてベントナイト系遮水材17が異なる状態で互いに接合されて敷設される。供試体17が作成された供試体容器2は、養生後、高圧力水供給制御装置40から水が導入される。各領域A1 ~A4 に対応する細孔13群を任意に選択してロードセル43と接続し、ロードセル43により施工状態の異なる供試体に対応した領域A1 ~A4 からの漏水量を計測し、遮水性能を評価するようにしている。
従来技術、競合技術の概要



近年、貯水池等の遮水構造物の遮水工事では、漏水を許さない厳しい立地条件や環境条件が求められたり、工期の制約のあるところでは、ゴムシート等の人工表面遮水材が利用されることがある。しかしながら、安全性や貯水効率の面から多少の漏水が許容される遮水工事では、自然土質材料を原料とする表面遮水材が用いられている。例えば、ベントナイト系の表面遮水材は、施工性、耐久性、維持管理の面で利点が多い。このようなベントナイト系の表面遮水材の遮水性能を測定するには、従来、定水位透水試験器や変水位透水試験器を用いて透水試験を行うようになっている。

産業上の利用分野



本発明は、貯水池、調整池、老朽ため池および廃棄物最終処分場等の遮水構造物の表面遮水材の透水性能を測定する透水試験装置に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
筒状壁下部に取り付けられ、上下を貫通する細孔が所定の配置により多数穿設された底部を有する供試体容器と、上記底部上に配置され底部を所定の領域に区画割りする供試体側区画部材と、上記底部の上側に区画割りされた領域ごとに所望の施工状況に応じた設計プランに基づいて異なる接合状態で敷設される遮水材と、内部に上記供試体容器を取り替え可能にかつ液密を保持して収容し、底部上面に外部に連通する凹溝が供試体側区画部材により区画割りされた領域に応じて形成された本体と、遮水材の敷設された供試体容器に水を制御可能に導入する高圧力水供給制御装置と、区画割りされ所望の施工状況に応じた設計プランに基づいて遮水材が敷設された上記各領域のうち所望の領域を選択して接続され、その本体の底部側から漏出する漏水量を計測する漏水計とを備えたことを特徴とする透水試験装置。

【請求項2】
本体底部の凹溝は、供試体容器底部の細孔に応じて予め所定の形状に形成されるとともに、本体底部には、供試体容器底部の区画割りされた領域に対応して凹溝を区画する本体側区画部材が配置される区画溝が形成されることを特徴とする請求項1に記載の透水試験装置。

【請求項3】
供試体容器を円筒状に構成するとともに、底部に穿設される細孔を、細孔が周方向に沿って多数形成された環状に連なる各細孔列を底部中心からの距離を異ならせてそれぞれ配置したことを特徴とする請求項1に記載の透水試験装置。

【請求項4】
供試体容器の筒状壁を透明部材から構成したことを特徴とする請求項1に記載の透水試験装置。

【請求項5】
本体の筒状壁を透明部材からなる内側壁とこの内側壁の外側に二重筒状に配置された金属製の外側壁とから構成し、この金属製外側壁の所定位置に観察用窓を形成したことを特徴とする請求項1に記載の透水試験装置。

【請求項6】
遮水材は、ベントナイト系遮水材から構成されることを特徴とする請求項1に記載の透水試験装置。

【請求項7】
遮水材は、ベントナイト系遮水材とコンクリートとから構成されることを特徴とする請求項6に記載の透水試験装置。

【請求項8】
遮水材は、施工状況に応じて複層に接合されて形成されることを特徴とする請求項6または7に記載の透水試験装置。

【請求項9】
供試体容器内には、ベントナイト系遮水材の変位量を計測する変位計が設けられることを特徴とする請求項6に記載の透水試験装置。

【請求項10】
遮水材の上側に、粒状体を所定の厚さに覆い遮水材を拘束する覆土層を設けたことを特徴とする請求項1に記載の透水試験装置。
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1998026399thum.jpg
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close