TOP > 国内特許検索 > 種子の殺菌方法

種子の殺菌方法

国内特許コード P04A004945
掲載日 2005年2月22日
出願番号 特願平09-210165
公開番号 特開平11-032514
登録番号 特許第2899690号
出願日 平成9年7月22日(1997.7.22)
公開日 平成11年2月9日(1999.2.9)
登録日 平成11年3月19日(1999.3.19)
発明者
  • 林 徹
  • 鈴木 節子
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 種子の殺菌方法
発明の概要 【課題】 発芽力などに悪影響を与えずに種子の表面や種皮の内側に存在する植物病原菌、腐敗菌等の微生物を殺菌する技術を提供すること。
【解決手段】 アブラナ科又はマメ科植物の種子を回動させながら、該種子の表面にエネルギーが160~210keVの電子線を照射することを特徴とする種子の殺菌方法。
従来技術、競合技術の概要



アブラナ科植物やマメ科植物などは、施設栽培される代表的な植物であるが、種子が植物病原菌や腐敗菌等で汚染されていると、それが原因となって栽培過程で罹病したり、腐敗することがある。種子を殺菌することにより、このような現象を防止することが可能であり、農作物の収量の向上に役立つ。しかし、殺菌剤や次亜塩素酸のような薬品を用いて殺菌を行うと、種子表面に付着している微生物には有効であっても、種皮の内側を汚染している微生物には効果がなかったり、発芽力を低下させることがある。また、種子の高圧処理や加熱処理は、発芽力を低下させずに完全に殺菌することは困難である。このような状況下、発芽力や発芽後の成長に悪影響を及ぼすことなく種子を確実に殺菌する技術の開発が強く望まれている。

産業上の利用分野



本発明は、種子の殺菌方法に関し、詳しくは施設園芸などで用いられる種子の表面に低エネルギーの電子線を照射することにより、該種子に付着している微生物を殺菌する方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
アブラナ科又はマメ科植物の種子を回動させながら、該種子の表面にエネルギーが160~210keVの電子線を照射することを特徴とする種子の殺菌方法。

【請求項2】
種子に縦方向の振動と横方向の振盪を与えて回動させる請求項1記載の方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

08480_06SUM.gif
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close