TOP > 国内特許検索 > 抗菌性ブレンド塊状物およびその製造方法

抗菌性ブレンド塊状物およびその製造方法

国内特許コード P04A005042
掲載日 2004年11月29日
出願番号 特願平09-215080
公開番号 特開平11-049620
登録番号 特許第3111216号
出願日 平成9年8月8日(1997.8.8)
公開日 平成11年2月23日(1999.2.23)
登録日 平成12年9月22日(2000.9.22)
発明者
  • 塚田 益裕
  • 白田 昭
出願人
  • 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長
発明の名称 抗菌性ブレンド塊状物およびその製造方法
発明の概要 本発明においては、水溶性高分子とポリリジン化合物とを水溶液状態で混合させて、抗菌性機能をもち、さまざまな形態を有するブレンド塊状物を製造する。水溶性高分子とポリリジン化合物とを水溶液状態で機械的に混合し、その後水分を蒸発せしめ、乾燥固化することによって、ポリリジン化合物を含有し、かつポリリジン化合物と水溶性高分子との組成が均一なブレンド塊状物ができる。本発明のポリリジン化合物はH-〔NH-CHR-CO〕n-OHの式で表わされる(式中、RはCH2-CH2-CH2-CH2-NH2を示しnは10以上である)。本発明で用いられる水溶性高分子としては、従来公知のものはいずれも利用できるが、絹フィブロイン、羊毛ケラチンの誘導体等の昆虫生体高分子の水溶液は、通常の状態ではpHが中性付近であり、ポリリジン化合物と任意に混っても白濁すること無く、機械的に優れ、透明度の高いブレンド塊状物を得るのに特に好ましい。水溶性高分子とポリリジン化合物との混合水溶液の蒸発過程で乾燥速度を変えることにより、膜状、多孔質体状、ブロック状、粉末状、ゲル状等のような種々の形態で抗菌性塊状物を成型できることが本発明の特徴である。
従来技術、競合技術の概要 ポリリジン化合物は、広い抗菌性スペクトルを持ち、かびなどの真菌の増殖を効率的に阻止する抗菌活性を有するポリアミノ酸である。生体に対する安全性も高いので抗菌材料およびそれを製造するための出発物質として有望である。従来、ポリリジン化合物が持つ抗菌活性機能を用いて、肌着、靴下、ブラウス、各種裏地用の一般の衣料製品、または、包帯、衛生布巾、皮膚貼付剤基布等の医療用繊維製品に洗濯耐久性と抗菌・抗かび性を付与するために、これら繊維製品をまず溶解し、繊維を形成する前段階の繊維溶解液である紡糸原液に、抗菌性を有するポリリジン化合物を添加し、これを湿式紡糸することにより抗菌性繊維および繊維製品を製造したり、または、ナイロン12ポリマーのチップにポリリジン化合物をブレンドし、ナイロン12ポリマーの融点の180℃以上に加熱し、これを溶融紡糸することにより抗菌性合成繊維を製造していた。
産業上の利用分野 水溶性高分子とポリリジン化合物とを含むブレンド塊状物およびこのブレンド塊状物の製造方法
特許請求の範囲 【請求項1】 ポリビニルアルコール、ポリアクリルアミド、ポリアクリル酸、ポリビニルピロリドン、ポリ酢酸ビニル、絹蛋白質、およびケラチン蛋白質から選ばれる少なくとも1種の水溶性高分子と、下記式(1)で表されるポリリジン化合物:
【化1】(式中、RはCH2-CH2-CH2-CH2-NH2を示し、nは10以上である。)との混合水溶液からの乾燥固化物であり、該水溶性高分子とポリリジン化合物とを含むことを特徴とする抗菌性ブレンド塊状物。
【請求項2】 前記ポリリジン化合物は、その末端のアミノ基および分子側鎖のアミノ基がアンモニウム塩、塩酸塩、硫酸塩、硝酸塩、もしくは臭酸塩と配位結合している塩型の化合物、またはその化合物の混合物であることを特徴とする請求項1記載の抗菌性ブレンド塊状物。
【請求項3】 前記乾燥固化物が、前記水溶性高分子とポリリジン化合物との混合水溶液を、支持体表面上に広げ水分を蒸発させて得られるものであることを特徴とする請求項1または2記載の抗菌性ブレンド塊状物。
【請求項4】 前記水溶性高分子とポリリジン化合物とを含むブレンド塊状物の形状が、膜状、多孔質体状、ブロック状、粉末状、またはゲル状であることを特徴とする請求項1または2記載の抗菌性ブレンド塊状物。
【請求項5】 水溶性高分子と下記式(1)で表されるポリリジン化合物:
【化2】(式中、RはCH2-CH2-CH2-CH2-NH2を示し、nは10以上である。)との混合水溶液のpHを等電点以下にしたものから得られる、該水溶性高分子とポリリジン化合物とを含むことを特徴とする抗菌性ブレンド塊状物。
【請求項6】 水溶性高分子と下記式(1)で表されるポリリジン化合物:
【化3】(式中、RはCH2-CH2-CH2-CH2-NH2を示し、nは10以上である。)との混合水溶液から水分を蒸発させて、乾燥固化せしめ、該水溶性高分子とポリリジン化合物とを含むブレンド塊状物を得ることを特徴とする抗菌性ブレンド塊状物の製造方法。
産業区分
  • 薬品
  • 高分子化合物
  • その他繊維
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

08574_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close