TOP > 国内特許検索 > 微生物を定着させたおからからなる植物保護剤及びそれを用いた植物病害の防除方法

微生物を定着させたおからからなる植物保護剤及びそれを用いた植物病害の防除方法

国内特許コード P04A005139
掲載日 2005年1月11日
出願番号 特願2000-337012
公開番号 特開2002-145712
登録番号 特許第3482462号
出願日 平成12年11月6日(2000.11.6)
公開日 平成14年5月22日(2002.5.22)
登録日 平成15年10月17日(2003.10.17)
発明者
  • 吉田 重信
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 微生物を定着させたおからからなる植物保護剤及びそれを用いた植物病害の防除方法
発明の概要 【課題】 植物病害等を安全に防除し、かつ産業廃棄物を有効に利用するための植物保護剤およびそれを用いた植物病害の防除方法の提供。
【解決手段】 微生物を定着させたおからからなることを特徴とする植物保護剤およびそれを用いた植物病害の防除方法。
従来技術、競合技術の概要


作物生産において、病害虫防除には農薬を主とした人工の化学物質が植物保護剤として用いられ、顕著な効果を上げてきた。しかし、これらの長期にわたる連用に伴い、これらに含有される有効成分のみならず、それに含有される助剤による環境および標的外生物への影響が懸念されるようになってから久しい。環境問題の別の側面においては、産業廃棄物の処分問題が近年深刻化している。それらの様々な有効利用法・利用技術も試みられてはいるが、実用化に至っているものは未だ数少ない。
一方、化学物質からなる有効成分を用いる病害虫防除方法に代わる新たな防除技術、すなわち生態系保全を目的とした総合管理技術の開発も志向されている。そうした中で有望視されているのが、自然界の微生物を用いた防除法、すなわち生物農薬による防除技術であり、すでに開発・製品化されているものもある。しかしながら、その数は未だ少なく、より効果の高い防除剤及び防除法の開発がさらに切望されている。

産業上の利用分野


本発明は、微生物を定着させた産業廃棄物からなる植物保護剤及びそれを用いた植物病害の防除方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
バチルス・アミロリクエファシエンスを定着させた乾燥おからを水に懸濁した、葉面処理用植物保護剤。

【請求項2】
バチルス・アミロリクエファシエンスがバチルス・アミロリクエファシエンスRC-2株であることを特徴とする、請求項1に記載の植物保護剤。

【請求項3】
請求項1または2に記載の植物保護剤を葉面処理することを特徴とする、植物病害の防除方法。

【請求項4】
各種植物糸状菌病害を防除することによって植物を保護することを特徴とする、請求項3に記載の植物病害の防除方法。

【請求項5】
病原糸状菌コレトトリカム・デマティウムによる病害を防除することによって植物を保護することを特徴とする、請求項3に記載の植物病害の防除方法。

【請求項6】
クワ炭疽病、クワ白紋羽病およびイネごま葉枯病を防除することによって植物を保護することを特徴とする、請求項3に記載の植物病害の防除方法。

【請求項7】
葉面処理の方法が、懸濁水の塗付または散布であることを特徴とする、請求項3~6のいずれかに記載の植物病害の防除方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

08701_04SUM.gif
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close