TOP > 国内特許検索 > ヒトを除く哺乳動物受精卵の発生率向上方法

ヒトを除く哺乳動物受精卵の発生率向上方法

国内特許コード P04A005259
掲載日 2005年1月11日
出願番号 特願2001-082482
公開番号 特開2002-272315
登録番号 特許第4058509号
出願日 平成13年3月22日(2001.3.22)
公開日 平成14年9月24日(2002.9.24)
登録日 平成19年12月28日(2007.12.28)
発明者
  • 平子 誠
  • 木村 康二
  • 羅 海玲
出願人
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 ヒトを除く哺乳動物受精卵の発生率向上方法
発明の概要 医療、獣医療、畜産などの分野において活用される,哺乳動物受精卵の発生率を向上させる方法。 (1).哺乳動物受精卵の発生培地に対し、所定濃度の血管内皮成長因子(Vascular Endotherial Growth Factor)を添加して支持細胞との共培養を行い、受精卵の正常発生率を高める。(2).血管内皮成長因子の好ましい添加濃度を1~10ng/mlに設定した。(3).支持細胞を卵丘細胞とした。そして、支持細胞との共培養が行われることにより受精卵の正常発生率が高められ、移植可能な胚数を増加させる。また、血管内皮成長因子が受精卵の発生培地に対し有効に働き、受精卵の正常発生率を高めて移植可能な胚数を増加させる。
従来技術、競合技術の概要
従来、ヒトを除く哺乳動物受精卵を体外で発生させるためには、上記受精卵を、本方法の基材となった培養液で培養していた。そして、上記受精卵の正常発生率を高め、移植可能胚数を増加させるようにしている。
産業上の利用分野
本発明は、獣医療、畜産などの分野において活用されるヒトを除く哺乳動物受精卵の発生率向上方法に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 ヒトを除く哺乳動物受精卵の発生培地に対し、所定濃度の血管内皮成長因子を添加して卵丘細胞との共培養を行い、上記ヒトを除く哺乳動物受精卵の正常発生率を高めることを特徴とするヒトを除く哺乳動物受精卵の発生率向上方法。
【請求項2】 上記血管内皮成長因子の添加濃度を1~10ng/mlとしたことを特徴とする請求項1記載のヒトを除く哺乳動物受精卵の発生率向上方法。
産業区分
  • 畜産
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

23035_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close