TOP > 国内特許検索 > クレブシエラ(Klebsiella)属細菌の選択培地

クレブシエラ(Klebsiella)属細菌の選択培地

国内特許コード P04A005275
掲載日 2005年1月11日
出願番号 特願平11-301224
公開番号 特開2001-120256
登録番号 特許第3184971号
出願日 平成11年10月22日(1999.10.22)
公開日 平成13年5月8日(2001.5.8)
登録日 平成13年5月11日(2001.5.11)
発明者
  • 大友 量
  • 斎藤 雅典
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 クレブシエラ(Klebsiella)属細菌の選択培地
発明の概要 【課題】 畜産廃棄物のように様々な細菌が生息している環境から、乳房炎の原因菌を選択的に検出・定量し、乳房炎発生の予測・予防に役立てる。
【解決手段】 クレブシエラ(Klebsiella)属細菌を畜産環境より選択的に検出・定量する行程により培地を作成する。このために、Klebsiella属細菌の検出・定量のためにミオイノシトールを単一炭素源、硝酸ナトリウムを単一窒素源とし、さらにデオキシコール酸ナトリウムとブリリアントグリーンを選択剤として添加した新規合成培地である「BIND培地」とその作成方法を提供する。また、畜産廃棄物(牛ふん尿、戻し堆肥など)中のKlebsiella属細菌を「BIND培地」を用いて簡便かつ効果的に検出・定量する方法を提供する。そして、Klebsiella属細菌が原因となる深刻な乳房炎の発生を予知し、予防する。
従来技術、競合技術の概要



乳房炎は酪農経営上重要な乳牛の疾患であり、様々な原因菌(大腸菌や黄色ブドウ球菌を含む)によって引き起こされる。Klebsiella pneumoniaeはそうした乳房炎原因菌の一種であり、本菌によって引き起こされる乳房炎は深刻で廃牛となる場合が多い。従って、畜産環境からKlebsiella pneumoniaeを検出・定量する技術はきわめて重要である。

従来Klebsiella属細菌の選択培地としてMCIC agar(Bagley,S.T.andR.J.Seidler.Primary Klebsiella Identification with MacConkey Inositol Carbenicillin Agar.Appl.Environ.Microb.36:536-8,1978)やSCAI agar(Kregten,E.V.,N.A.C.Westerdaal,and J.M.N.Willers.New,simple medium for selective recovery of Klebsiella pneumoniae and Klebsiella oxytocca from human feces.J.Clin.Microbiol.20:936-941 1984)が報告されているが、いずれも畜産廃棄物のように種々雑多な細菌を含む材料に対しては十分な選択性を持っていない。

本プロジェクトの先行研究である「自動切り返しと戻し利用を特徴とする牛ふん尿の堆肥化処理」(伊吹俊彦・畠中哲哉・斎藤雅典・関澤啻朗,草地試験場研究報告第58号 38-56 1999)において、本発明者らはKlebsiella pneumoniaeの検出に、DHL培地に生育した赤色コロニーを分離し簡易同定キットを用いて同定する、という方法を適用した。この方法は、結果が得られるまでに時間がかかるのみならず、非効率的である。すなわち、DHL培地が腸内細菌群一般の選択培地であることから、分離し同定に供した22株の内、Klebsiella pneumoniaeはわずかl株であった。

本発明者らは上記以外にも種々の既存の培地を用いてKlebsiella属細菌を検出・定量することを試みたが、いずれも実用に耐えうるものではなかった。そこで、Klebsiella属細菌の菌学的諸性質に基づき、ミオイノシトールを単一炭素源、硝酸ナトリウムを単一窒素源とし、さらにデオキシコール酸ナトリウムとブリリアントグリーンを選択剤として添加した新規合成培地「BIND培地」(表l)を新たに開発し、Klebsiella属細菌の検出・定量に用いることを提案した。

産業上の利用分野



本発明は、畜産廃棄物のように様々な細菌が生息している環境から、乳房炎の原因菌の一種であるクレブシエラ(Klebsiella)属細菌(Klebsiella pneumoniae)を選択的に検出・定量し、乳房炎発生の予測・予防に役立てる衛生管理技術に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
クレブシエラ(Klebsiella)属細菌を家畜ふん尿・堆肥・敷料等の畜産環境試料より選択的に検出・定量するための培地であって、単一炭素源としてミオイノシトール、単一窒素源として硝酸ナトリウムを用い、また、夾雑菌の生育阻害剤としてデオキシコール酸ナトリウム、ブリリアントグリーンを添加して合成したことを特徴とするクレブシエラ(Klebsiella)属細菌の選択培地。

【請求項2】
培地1リットルについて、4gのミオイノシトールと、1gの硝酸ナトリウムと、17.1gのリン酸1水素ナトリウム・12水和物と、3gのリン酸2水素カリウムと、0.5gの塩化ナトリウムと、0.12gの硫酸マグネシウムと、1gのデオキシコール酸ナトリウムと、0.01gのブリリアントグリーンを含有することを特徴とする請求項1記載のクレブシエラ(Klebsiella)属細菌の寒天培地
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1999301224thum.jpg
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close