TOP > 国内特許検索 > ブタ体外生産胚の体外培養用培養液及び該培養液を用いたブタ体外生産胚の体外培養方法

ブタ体外生産胚の体外培養用培養液及び該培養液を用いたブタ体外生産胚の体外培養方法

国内特許コード P04A005310
掲載日 2005年1月11日
出願番号 特願2001-292814
公開番号 特開2003-093054
登録番号 特許第3639898号
出願日 平成13年9月26日(2001.9.26)
公開日 平成15年4月2日(2003.4.2)
登録日 平成17年1月28日(2005.1.28)
発明者
  • 菊地 和弘
  • 金子 浩之
  • 野口 純子
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 ブタ体外生産胚の体外培養用培養液及び該培養液を用いたブタ体外生産胚の体外培養方法
発明の概要 【課題】 ブタ体外生産胚の体外培養において、得られる胚盤胞の品質を高めることができ、かつ移植後の胎仔や産仔への発生率も高めることができるブタ体外生産胚用の体外培養液を提供すること及び当該培養液を用いてブタ体外生産胚を体外培養することにより、高品質の胚盤胞まで発生させることが可能となり、また移植後に胎仔や産仔まで発生させることが可能なブタ体外生産胚の体外培養方法を提供すること。
【解決手段】 乳酸及びピルビン酸を含有することを特徴とするブタ体外生産胚の体外培養用培養液、卵管上皮細胞による条件付けをしたことを特徴とする体外培養用培養液並びに当該培養液を用いて、ブタ体外生産胚を受精後0-2日間培養し、その後グルコース含有培養液で培養することを特徴とするブタ体外生産胚の体外培養方法。
従来技術、競合技術の概要


近年、哺乳動物において、優良種の育種及び増殖のために体外成熟・体外受精卵(体外生産胚)が用いられるようになった。また、形質転換動物或いはクローン動物の生産においても、体外生産胚の作製技術が利用されている。
ブタにおいては、体外生産胚の作製は可能であるが[Theriogenology, 31巻, 1201-1207 頁, 1989年]、得られた胚盤胞の品質は総細胞数で約35個と、体内由来の同時期の胚盤胞(細胞数60~165個程度)に比べて極端に少ない。



最近になって、胚盤胞を受胚雌豚に移植して子ブタを生産することに成功しているが[Theriogenology, 53巻, 361 頁, 2000年]、その産仔数は1-2頭であり、効率的ではない。この技術が進展しない理由として、体外生産胚を体外で培養する技術が未熟なためと推測できる。
本発明者らによる先の報告[Biology of Reproduction, 60 巻, 336-340 頁, 1999年]では、体外生産胚を体外で僅か1日乃至2日でも培養すると、移植後の胎仔や産仔への発生率が悪くなることが確認されている。



ブタの体外生産胚の培養には、NCSU培養液[Journal of Reproduction and Fertility Supplement, 48巻, 61-73 頁, 1993年]が広く利用されている。この培養液にはエネルギー源としてグルコースが含まれている。グルコースは優秀なエネルギー源であるが、その代謝産物は過酸化物として培養細胞に悪影響を与える可能性が懸念されている。特に胚では、遺伝子発現や細胞周期の進行に悪影響を及ぼすことが懸念されている。
これらの状況から、ブタ体外生産胚の体外培養技術の改良が求められている。

産業上の利用分野


本発明は、ブタ体外生産胚の体外培養用培養液及び当該培養液を用いたブタ体外生産胚の培養方法に関し、詳しくはブタ体外生産胚の体外培養において、得られる胚盤胞の品質を向上させることができ、かつ移植後の胎仔や産仔への発生率も高めることができるブタ体外生産胚の体外培養用培養液及び当該培養液を用いたブタ体外生産胚の体外培養方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
グルコースを含まず、乳酸及びピルビン酸を含有し、乳酸としては乳酸ナトリウムのみを含有することを特徴とするブタ体外生産胚の体外培養用培養液。

【請求項2】
培養液が、NCSU37培地からグルコースを除外したものを基本とし、グルコースの代わりに0.40~1.5μL/mL(60%溶液)の乳酸及び0.009~0.036mg/mLのピルビン酸を含むものである請求項1記載のブタ体外生産胚の体外培養用培養液。

【請求項3】
乳酸及びピルビン酸を含有する基本培養液に卵管上皮細胞を分散させた状態で含有させて2日間培養後、遠心分離して得た上清に基本培養液を等量加えることにより卵管上皮細胞による条件付けをしたことを特徴とする請求項1又は2記載の体外培養用培養液。

【請求項4】
請求項1~3のいずれかに記載の培養液を用いて、ブタ体外生産胚を受精後0-2日間培養し、その後グルコースを含有し、乳酸及びピルビン酸を含まない培養液で培養することを特徴とするブタ体外生産胚の体外培養方法。

【請求項5】
グルコースを含有し、乳酸及びピルビン酸を含まない培養液が、グルコースを含有し、乳酸及びピルビン酸を含まないNCSU37培地である請求項4記載のブタ体外生産胚の体外培養方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

13426_01SUM.gif
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close