TOP > 国内特許検索 > 弾性ヒンジ装置

弾性ヒンジ装置 コモンズ

国内特許コード P04A005618
整理番号 ShIP‐Y901
掲載日 2005年1月18日
出願番号 特願平11-027211
公開番号 特開2000-220629
登録番号 特許第3488908号
出願日 平成11年2月4日(1999.2.4)
公開日 平成12年8月8日(2000.8.8)
登録日 平成15年11月7日(2003.11.7)
発明者
  • 大岩 孝彰
出願人
  • 学校法人静岡大学
発明の名称 弾性ヒンジ装置 コモンズ
産業上の利用分野 本発明は、互いに直交する3つの軸線を中心として回動自在に2つの部材を連結する3自由度弾性ヒンジ装置に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 2つの部材を連結し、これらの2つの部材間における互いに直交する3つの軸のそれぞれの軸方向に沿う並進移動を阻止しかつ3つの軸のそれぞれの軸を中心とする回転方向の移動を可能とする弾性ヒンジ装置であって、前記2つの部材の一方に固定されるベースと、このベースに、その両側から外方に向けて同軸状に延びる一対の第1トーションバーを介して連結された第1中間フレームと、この第1中間フレームに、その両側から外方に向けて同軸状に延びる一対の第2トーションバーを介して連結された第2中間フレームと、この第2中間フレームに、その両側から外方に向けて同軸状に延びる一対の第3トーションバーを介して連結された回転部材と、この回転部材から、前記第1,第2,第3トーションバーのそれぞれに対して斜め方向に延設され、前記2つの部材の他方に結合されるレバーとを備え、これらの第1,第2,第3トーションバーは、それぞれの軸線を互いに直交させて配置される、弾性ヒンジ装置。
【請求項2】 前記レバーの中心軸と各トーションバーの中心軸とが、回転部材内の同一の点を通る、請求項1に記載の弾性ヒンジ装置。
【請求項3】 前記ベースと、第1,第2中間フレームと、回転部材と、第1,第2,第3トーションバーとは、一体構造に形成される請求項1または2に記載の弾性ヒンジ装置。
産業区分
  • 機械要素
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

09309_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close