TOP > 国内特許検索 > アミロ―ス含量非変動型イネの作製方法

アミロ―ス含量非変動型イネの作製方法

国内特許コード P04A006010
整理番号 植物バイオ-154
掲載日 2005年2月16日
出願番号 特願平11-012828
公開番号 特開2000-209972
登録番号 特許第3533436号
出願日 平成11年1月21日(1999.1.21)
公開日 平成12年8月2日(2000.8.2)
登録日 平成16年3月19日(2004.3.19)
発明者
  • 鈴木 保宏
  • 佐野 芳雄
  • 平野 博之
出願人
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 アミロ―ス含量非変動型イネの作製方法
従来技術、競合技術の概要 イネ種子のアミロース含量は炊飯米の粘りに関係し、食味に最も影響する。ジャポニカ米の場合、アミロース含量が15~20重量%程度のものが好まれる。また最近では、アミロース含量が5~15重量%と低い「低アミロース米」がおにぎりや冷凍米飯、弁当、炊き込みご飯などに適していると考えられるようになってきている。イネ種子のアミロース含量は登熟期の温度(登熟温度)、特に開花日から20日間の温度に左右されて変動し、登熟温度が高い高温登熟時にはアミロース含量は低下し、登熟温度が低い弱低温登熟時には増大する。そのため、しばしば米食味の低下や変動が生じている。しかしながら、気象現象である登熟温度を広範囲に制御することは困難であるため、圃場や田畑で登熟するイネのアミロース含量を一定に制御することは不可能であり、登熟期の気温が例年の気温よりも低い場合には、アミロース含量が低くて粘りのあるコメが収穫できないのが現状である。このため、対症療法的に、コメの粘りや食感を改善するため、アミロース含量が高く、粘りのないコメにトウモロコシもち澱粉を添加したり、もち米を混合することが行われている。特開平5-153981号には、でんぷん合成酵素の遺伝子であるWx遺伝子のセンスDNAまたはアンチセンスDNAをイネに導入することにより、アミロース含量を改変したイネが記載されている。この方法では、モチ品種イネないしは低アミロース含量のイネを作製することはできる。しかしながら、登熟温度が変動した場合でも、一定アミロース含量のイネ種子が収穫されるかどうかは不明である。また、Sano, Y., 1985, Gene regulation at the waxy locus in rice, Gamma-Field Symp., 24:63-79には、農林8号を突然変異誘発処理して作出されたアミロース含量が低いイネが記載されている。しかし、上記文献のイネは、登熟温度が変動した場合にアミロース含量が変動し、低温で登熟された場合にはアミロース含量が増加する。このように、低温登熟された場合でもアミロース含量が変動せず一定であるイネを簡単に確実に作製する方法はこれまで知られていない。ところで、胚乳(種子)の透明度(濁度)とアミロース含量との間に負の相関関係があり、濁った種子のアミロース含量は低く、透明な種子のアミロース含量は多いことは知られている(例えば、Satoh H. and Omura T. (1981) Japan. J.Breed., 31, 316-326. New Endosperm Mutaitions Induced by Chemical Mutagens in Rice, Oryza sativa L. )。しかし、胚乳の透明度を指標にして、低温登熟された場合でもアミロース含量が変動せず一定であるイネを選抜した例はこれまで知られていない。
産業上の利用分野 本発明は、食味の低下や変動を防止するため、アミロース含量が登熟温度に左右されず一定であるアミロース含量非変動型イネの作製方法に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 登熟温度が変動しても種子胚乳のアミロース含量が変動しないアミロース含量非変動型イネを作製する方法であって、胚乳中のアミロース含量が15重量%以下の低アミロース系統のイネ種子を突然変異誘発処理したイネ種子から成育したイネを、登熟期を迎えるまでは通常に栽培して成育させた後、突然変異誘発処理に使用したイネ種子に適しているとされている通常登熟温度より低温であって、突然変異誘発処理しないイネ種子から成育したイネの場合では種子胚乳のアミロース含量が増加する温度となる弱低温登熟温度で登熟させた後、このイネから収穫した種子の中から胚乳の濁った種子を選抜するアミロース含量非変動型イネの作製方法。
【請求項2】 突然変異誘発処理したイネ種子から成育したイネを弱低温で登熟させる温度が、イネの開花日から20日間の平均温度が18~22℃である請求項1記載の作製方法。
産業区分
  • 農林
  • 微生物工業
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

09613_06SUM.gif
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close