TOP > 国内特許検索 > 骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価モデル動物およびその利用法

骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価モデル動物およびその利用法 新技術説明会

国内特許コード P04A006209
整理番号 01A05028
掲載日 2005年2月16日
出願番号 特願2001-271240
公開番号 特開2003-070377
登録番号 特許第4997377号
出願日 平成13年9月7日(2001.9.7)
公開日 平成15年3月11日(2003.3.11)
登録日 平成24年5月25日(2012.5.25)
発明者
  • 寺井 崇二
  • 沖田 極
出願人
  • 国立大学法人山口大学
発明の名称 骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価モデル動物およびその利用法 新技術説明会
発明の概要 【課題】 骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価モデル動物の開発を課題としている。特に、蛍光標識蛋白であるGFP(green fluorescent protein)を発現しているGFPトランスジェニック マウスを用いた、骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価モデルの開発が課題である。
【解決手段】 本発明のモデルでは、代表例である持続性肝障害モデルにおいて、投与した骨髄細胞に由来するGFP陽性細胞の肝臓内への遊走と定着、また肝幹細胞、肝細胞、胆管細胞への分化と増殖が確認できた。このため、このモデルの解析を通じ、将来、骨髄細胞より肝細胞、胆管細胞への分化制御機構を明らかにするのに有用と考えられる。しかもこのモデルは、過去に報告されているモデルとは異なり、将来の治療の開発に最も直結するイン ビボ モデルである。
従来技術、競合技術の概要
ヒトや動物の体内には、幹細胞( stem cell )と呼ばれる未分化な細胞の存在が知られている。この幹細胞は細胞分化の能力を有しており、種々の分化細胞に発達して行く可能性を秘めている。一例として肝幹細胞を取り上げると、この肝幹細胞は肝臓細胞、胆管細胞、膵臓細胞および小腸細胞に分化する細胞と考えられており、将来の再生医療、再生医学のためのドナー細胞群として有用と考えられる。
【0004】
肝幹細胞は肝臓のへリング管( canals of Hering )および骨髄に存在すると考えられてきた。骨髄に肝幹細胞が存在するという根拠は、実験的に高度の肝障害を起こしてやると、骨髄から肝細胞を生じるという事実に基づいている。最近になって骨髄から誘導された細胞が肝細胞に分化することが示された。それは、放射線照射により雌のマウスの全骨髄を破壊し、次に同種・同系の雄のマウスより採取した骨髄細胞を、雌のマウスに移植してやると、その後、成熟肝細胞中に、移植された雄の染色体であるY染色体を持つ骨髄細胞に由来する細胞の存在が示されたという、実験事実によるものである( Theise ND et al.: Hepatology 2000; 31(1): 235-240 )。この結果は、骨髄細胞からの種々の臓器、器官、組織の再生を期待させるものである。そこで本発明者らは鋭意努力し、骨髄移植よりも簡便な方法で骨髄細胞の遊走・分化・増殖を行わせることが可能であり、より簡単な方法で骨髄細胞の遊走・分化・増殖をモニターできる分化評価モデル動物の開発に至った。
産業上の利用分野
本発明は、骨髄細胞の遊走・分化・増殖を、イン ビボ( in vivo )にて評価できるモデル動物およびその利用法に関する。特に本発明は、骨髄細胞からの肝細胞、胆管細胞、膵臓細胞、大腸・小腸細胞などへの遊走・分化・増殖を評価するイン ビボ評価モデルに関する。
【0002】
特許請求の範囲 【請求項1】遺伝子レベルで標識されている骨髄細胞を、同種同系の致死量放射線照射されていない持続性肝障害モデル動物の末梢血管から投与し、前記投与後も持続性肝障害を継続させることによって作製された、骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物。
【請求項2】動物が齧歯類である請求項1に記載の骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物。
【請求項3】動物がマウスである請求項1または2に記載の骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物。
【請求項4】骨髄細胞が蛍光タンパク質で標識されている請求項1から3のいずれかに記載の骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物。
【請求項5】請求項1からのいずれかに記載の骨髄細胞の遊走・分化・増殖評価用持続性肝障害モデル非ヒト動物を用いて、骨髄細胞の肝細胞、胆管細胞への遊走・分化・増殖に作用する薬物のスクリーニングを行うことを特徴とするスクリーニング方法。
産業区分
  • 畜産
  • 薬品
  • 微生物工業
  • 治療衛生
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

09811_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
山口TLOは平成11年11月に山口大学の教官50名の出資により設立された、リエゾン一体型のTLO活動会社です。山口大学を主とし、山口県内の大学・高専の研究成果をご紹介致します。特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close