TOP > 国内特許検索 > 構造物部材の表面傷検出方法

構造物部材の表面傷検出方法

国内特許コード P990001891
掲載日 2000年6月1日
出願番号 特願平09-057043
公開番号 特開平10-239246
登録番号 特許第2963982号
出願日 平成9年2月25日(1997.2.25)
公開日 平成10年9月11日(1998.9.11)
登録日 平成11年8月13日(1999.8.13)
発明者
  • 木村 真一
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 構造物部材の表面傷検出方法
発明の概要 【課題】 構造物部材の表面の傷を、対象体を撮像した数枚の画像を画像処理することにより検出する。
【解決手段】 光源の方向を対象体に対して固定し、カメラを対象とする面に対し正対させ、対象とする面と平行な面内で移動し複数の画像1を取得し、各画像の相互相関係数を計算し、その最大値から画像相互の画素ずれを計算3する。しかる後に各画像それぞれに対しラプラシアンフィルターを施すことで輪郭抽出4し、先に計測した画素ずれを補正し、すべての画像を合成する。最後に高輝度の点を抑制し、中程度の点を増強する関数フィルターを施すことにより、高周波ノイズに起因する雑音成分を抑制し、対象平面内に存在している全ての傷等の輪郭を輝点として得ることができる。
従来技術、競合技術の概要


宇宙ステーション等の大型宇宙構造物の自動点検では、点検を定常的に繰り返すので、事前に傷のない画像を取得しておき、光源の条件が事前に取得した画像と等しくなるよう人工照明で補正しながら画像を取得し、両者の差を取ることで傷の検出を行う方法が考案されている。
金属鋼材やフィルム等の均質な部材表面の傷については対象体をカメラの前で移動させその過程で乱反射する光を検出することで傷を検出する方法が一般的に用いられている。

産業上の利用分野


本発明は構造物部材の表面の傷を、対象体を撮像した数枚の画像を画像処理することにより検出する方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
表面傷を検出する対象である対象体に対して光源の方向を固定し、カメラを対象とする面に対し正対させ、対象とする面と平行な面内で移動し複数の画像を取得し、各画像の相互相関計数を計算し、その最大値から画像相互の画素ずれを計算し、各画像それぞれに対しラプラシアンフィルターを施すことで輪郭抽出し、先に計測した各画像の画素ずれを補正し、すべての画像を合成し、高輝度の点を抑制し中程度の点を増強する関数フィルターを施すことにより、高周波ノイズに起因する雑音成分を抑制した対象体の表面画像を取得し、対象平面内に存在している傷の輪郭輝点として現れる対象体の表面画像に基づいて表面傷を検出するようにしたことを特徴とする構造物部材の表面傷検出方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1997057043thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close