TOP > 国内特許検索 > 草食家畜の採食行動検出方法

草食家畜の採食行動検出方法

国内特許コード P990001903
掲載日 2000年6月1日
出願番号 特願平09-071378
公開番号 特開平10-262498
登録番号 特許第2896505号
出願日 平成9年3月25日(1997.3.25)
公開日 平成10年10月6日(1998.10.6)
登録日 平成11年3月12日(1999.3.12)
発明者
  • 落合 一彦
  • 池田 哲也
  • 須藤 賢司
  • 本間 毅郎
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 草食家畜の採食行動検出方法
発明の概要 【課題】 自由に行動する放牧家畜、あるいはフリーストール、フリーバーン飼養牛の採食時間、採食時間帯、採食量などの採食に関する情報を自動的に適格に収集し記録する。
【解決手段】 草食家畜の下顎部に該草食家畜が喫食することによって生じる上下動を感知し、その回数をカウントする度数計を取付け、その度数計からの信号を経時的に記録し、草食家畜の採食時間、採食時間帯、採食量などの採食行動を検出できるようにする。
従来技術、競合技術の概要



自由に行動する放牧家畜、あるいはフリーストール、フリーバーン飼養牛の採食時間、採食時間帯、採食量などの採食に関する情報の収集は、従来、主として人間による行動観察によって行われてきたが、非常に多労であった。また、機器による自動計測については、動物の口に口輪および感圧センサーを取付け、口の開閉回数をカウントすることによって、採食に関する情報を得る試みがなされてきた。しかし、この方法では反芻動物に特有に見られる反芻行動を識別することが困難であった。しかも、口輪の締め具合によって感圧センサーの反応が過敏すぎたり、逆に鈍すぎたりするなど、計測に不安定性があった。それゆえ、採食行動のみを安定的に検出、記録できる方式の開発が求められていた。

産業上の利用分野



本発明は、自由に行動する放牧家畜、あるいはフリーストール、フリーバーン飼養牛の採食時間、採食時間帯、採食量などの採食に関する情報を自動的に収集する草食家畜の採食行動検出方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
草食家畜の下顎部に該草食家畜が喫食することによって生じる上下動を感知し、その回数をカウントする度数計を取付け、その度数計からの信号を経時的に記録し、草食家畜の採食時間、採食時間帯、採食量などの採食行動を検出できるようにしたことを特徴とする草食家畜の採食行動検出方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1997071378thum.jpg
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close