TOP > 国内特許検索 > 落下式衝撃試験装置の懸垂装置

落下式衝撃試験装置の懸垂装置

国内特許コード P04A006886
整理番号 KN000449
掲載日 2005年3月18日
出願番号 特願平11-115121
公開番号 特開2000-304669
登録番号 特許第3148985号
出願日 平成11年4月22日(1999.4.22)
公開日 平成12年11月2日(2000.11.2)
登録日 平成13年1月19日(2001.1.19)
発明者
  • 峯岸 正勝
  • 熊倉 郁夫
出願人
  • 独立行政法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 落下式衝撃試験装置の懸垂装置
従来技術、競合技術の概要 落下式衝撃試験装置では、重錘を懸垂装置で懸垂し、その後、その懸垂状態を解除して、その重錘を自由落下させ、床面上に載置されている供試体上に落下せしめて、その供試体に衝撃荷重を与えてその供試体の衝撃試験を行う。その際、その供試体の変形、破壊等の状況を、光学式変位計で計測したり、高速度カメラで撮影する。この落下式衝撃試験装置の従来の懸垂装置の懸垂解除手段として、空気圧式アクチュエータを用いたものがある。
産業上の利用分野 本発明は落下式衝撃試験装置の懸垂装置に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 懸垂装置と、該懸垂装置に懸垂される重錘とを有し、該懸垂装置による上記重錘の懸垂の解除によって、上記重錘が自由落下し、該重錘の自由落下によって、床面上に載置された供試体、又は、上記重錘の下端に取付けられた供試体に衝撃荷重を与えるようにした落下式衝撃試験装置の懸垂装置において、懸垂部と、該懸垂部に回動自在に軸支され、上記重錘に設けられたピンと係合する懸垂用フックと、ボールねじと、該ボールねじを駆動するステッピングモータと、該ステッピングモータを制御するコントローラと、上記ボールねじと螺合して直線移動せしめられるナットと、該ナット及び上記懸垂用フック間に取付けられたロッドとを有し、上記ステッピングモータによるボールねじの駆動によって、上記ナットを移動させることによって、上記懸垂用フックを回動させて、該フックの上記重錘のピンとの係合を解除するようにしたことを特徴とする落下式衝撃試験装置の懸垂装置。
【請求項2】 上記懸垂用フックには、上記重錘に設けられたピンと係合する湾曲部と、該湾曲部の下側の傾斜部とが設けられると共に、上記懸垂用フックと上記懸垂部との間に自動復帰用ばねが架張されてなり、上記懸垂用フックの下降によって、上記傾斜部が上記ピンと接触しながら移動することによって、上記懸垂用フックが一の方向に回動して、上記湾曲部と上記ピンとの接触が開始され、上記自動復帰用ばねの張力によって、上記湾曲部と上記ピンとが係合するようにしたことを特徴とする請求項1に記載の落下式衝撃試験装置の懸垂装置。
【請求項3】 上記落下式衝撃試験装置は、上記コントローラに接続されたドアスイッチが設けられた扉を有する枠体内に収容されてなり、上記扉が開放状態のときは、上記モータの回転を停止するようにしたことを特徴とする請求項1に記載の落下式衝撃試験装置の懸垂装置。
【請求項4】 上記コントローラには、上記モータの回転を停止するための緊急停止スイッチが接続されてなることを特徴とする請求項1に記載の落下式衝撃試験装置の懸垂装置。
産業区分
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

10393_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close