TOP > 国内特許検索 > 望遠鏡システム

望遠鏡システム

国内特許コード P990001949
掲載日 2000年6月1日
出願番号 特願平09-175248
公開番号 特開平11-006966
登録番号 特許第3086869号
出願日 平成9年6月17日(1997.6.17)
公開日 平成11年1月12日(1999.1.12)
登録日 平成12年7月14日(2000.7.14)
発明者
  • 有賀 規
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 望遠鏡システム
発明の概要 【課題】分解能を回折限界以上とする望遠鏡システムを提供する。
【解決手段】対物レンズ系5である凸レンズと接眼レンズ系6である凹レンズとを組み合わせたガリレオ式望遠鏡において、凹レンズに球面収差をもたせることによって望遠鏡の開口面で光軸より遠い程曲率が小さくなるように歪ませ、回折限界の光強度分布よりも狭い幅をもつ特殊な回折ビームを生成して、分解能を回折限界の分解能以上にする。
従来技術、競合技術の概要


従来、凸レンズの対物レンズ系と凹レンズの接眼レンズ系を有するガリレオ式望遠鏡においては、簡単なレンズ構成でありながら正立の虚像を得ることができるため、低価格の望遠鏡において頻繁に使用されてきた。

産業上の利用分野


本発明は分解能が回折限界を上回る性能を発揮する望遠鏡システムに関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
光の送受信用いる望遠鏡の接眼レンズ系に凹レンズを用い、有限距離を対象とする球面波の波面を、上記凹レンズに球面収差をもたせて上記望遠鏡の開口面で光軸より遠い程曲率が小さくなるように歪ませ、回折限界の光強度分布よりも狭い幅をもつ特殊な回折ビームを生成して、分解能を回折限界以上にすることを特徴とする望遠鏡システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1997175248thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close