TOP > 研究報告検索 > 植物由来および人工の内分泌かく乱物質の相互作用

植物由来および人工の内分泌かく乱物質の相互作用

研究報告コード R000000335
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 香山 不二雄
研究者所属機関
  • 自治医科大学医学部
研究機関
  • 自治医科大学医学部
報告名称 植物由来および人工の内分泌かく乱物質の相互作用
報告概要 大豆やナツメヤシなど植物由来のホルモン様物質(エストロジェン)の研究である。ここでは,1999年度の研究内容と成果を報告した。HPLCなどを用いて,ダイゼインやゲネステインなどの植物エストロジェン混合物の成分定量分析法を開発した。脾臓細胞の誘導された細胞増殖が,DESやBPA,ゲネステインの添加により2~3倍に増強される現象を見出した。また,骨芽細胞系細胞へのゲネステインやダイゼインの影響を調べて,植物エストロジェンも骨形成を増加し,骨吸収を抑制することが分かった。さらに,ラットにエストロジェンを投与すると,子宮でのRNA結合蛋白のmRNA量増加が観察され,植物エストロジェンでも同様の現象が確認された。また,ゲネステインによりエストロジェンレセプタα欠損のヒト乳癌細胞のアポトーシスが誘導され,さらに高濃度のエストロジェンでも同様の作用が現れた。
研究分野
  • 動物に対する影響
  • 内分泌系の生理と解剖学
  • 食品衛生一般
  • 内分泌系の基礎医学
  • 植物起原の毒性
関連発表論文 (1)Sakabe K, Onoe M, Okuma M, Yoshida T, Aikawa H, Kinoue T and, Kayama F : Naural and environmental oestrogens increase expression of SS-A/Ro autoantigen in the salicary gland of ovariectomized immature rats. Pathophysiology 6:231-2368, 2000
(2)Horiguchi H, Harada A, Oguma E, Sato M, Homma Y, Kayama F, Fukushima M, and Matsushima K Cadmium-induced acute hepatic injury is exacerbated in human interleukin-8 transgenic mice. Toxicol Applied Pharmacol. 163, 231-239, 2000
(3)Arao Y, Kuriyama R, Kayama F and Kato S. A nuclear matrix-associated factor, SAF-B interacts with specific isoforms of AUF1/hnRNP D. Arch Biochem Biophysi 380(2); 228-236, 2000
(4)Simeonova, P.P., Wang, S., Toriuma, W., Matheson, J. Nyseoo, U., Kayama F., Harki D, Ding M., Vallyathan V. and Luster, M.I.:Arsenic mediates cell proliferation and gene expression in the bladder epithelial: association with AP-1 transactivation. Cancer Res., 2000, 60:3445-3453.
(5)Itoh N, Kayama F, Tatsuki J, and Tsukamoto T. Have sperm counts deteriorated over the past 20 years in healthy young Japanese men? - Results from the Sapporo area-Journal of Andrology, 22(1): 40-44, 2000
(6)To H, Kikuchi A, Tsuruoka S Sugimoto K, Fujimura A, Higuchi S, Kayama F, Hara K, Matsuno K and Kobayashi E. Time-dependent Nephrotoxicity associated with daily adminitration of cisplatin in mice. J Pharm Pharmacology 52:1499-1504, 2000
(7)Horiguchi H, Kayama F, Oguma E, Willmore WG, Hradecky P and Bunn F. Cadmium and platinum suppression of erythropoietin produciton in cell culture: clinical implication Blood 96:3743-3747, 2000
(8)香山不二雄 一般廃棄物燃焼による有害化学物質対策とその削減 公衆衛生 64(4);225-28,2000
(9)香山不二雄 内分泌撹乱物質(環境ホルモン)栄養・健康科学シリーズ 公衆衛生 改訂第3版 田中平三編 P-PP.303-305,2000
(10)香山不二雄 DESの後世代影響 治療学 34(5);100-102,2000
(11)香山不二雄 ダイオキシン 臨床皮膚科 増刊号 54(5);190-192,2000
(12)香山不二雄 環境ホルモンのリスク評価 -in vitro,in vivo assayと疫学調査の重要性- リスク学事典 日本リスク研究学会編 出版杜 TBSブルタニカ p-pp77-79,2000
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「内分泌かく乱物質」研究代表者 香山 不二雄(自治医科大学医学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 香山 不二雄. 内分泌かく乱物質 植物由来および人工の内分泌かく乱物質の相互作用. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.1211 - 1213.

PAGE TOP