TOP > 研究報告検索 > エネルギーの効率的変換を目指した界面イオン移動の解明

エネルギーの効率的変換を目指した界面イオン移動の解明

研究報告コード R000000346
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 小久見 善八
研究者所属機関
  • 京都大学大学院工学研究科
研究機関
  • 京都大学大学院工学研究科
報告名称 エネルギーの効率的変換を目指した界面イオン移動の解明
報告概要 高効率のエネルギー変換システムとして,リチウム二次電池,及び燃料電池を選び,高効率変換に重要な界面イオン移動反応の解明研究を行った。研究の主な内容は,イオン導電体接合界面におけるイオン移動,リチウム二次電池反応における相変化の透過電子顕微鏡による観測,セリア系電解質内の酸素ポテンシャルの測定,酸化物/ポリマー(ポリピロール)界面のリチウムイオンの移動,キサンテン色素系を用いたイオン移動の解明,酸化物/酸化物接合界面におけるイオン移動,酸化物ガラス界面の形成と評価,プロトン導電性人工超格子の製作,薄膜形成による構造と欠陥平衡の変化,などである。これらの研究から得られた知見に基づき,高速界面イオン移動が可能なリチウム電池,燃料電池の新規電極材料,電解質材料の開発を検討した。
研究分野
  • 固体中の拡散一般
  • 混合伝導
  • エネルギー変換装置
  • 二次電池
  • 燃料電池
関連発表論文 (1)A. Funabiki, M. Inaba, T. Abe, and Z. Ogumi, “Influence of Defects on the Phase-Boundary Movement in a Stage Transformation in Lithium-Graphite Intercalation Compounds”, Carbon, 37(10), 1591-1598 (1999).
(2)A. Funabiki, M. Inaba, T. Abe, and Z. Ogumi, “Stage Transformation of Lithium-Graphite Intercalation Compounds Caused by Electrochemical Lithium Intercalation”, J. Electrochem. Soc., 146(7), 2443-2448 (1999).
(3)M. Inaba, Y. Kawatate, A. Funabiki, S.-K. Jeong, T. Abe, and Z. Ogumi, “STM Study on Graphite/Electrolyte Interface in Lithium-Ion Batteries: Solid Electrolyte Interface Formation in Trifluoropropylene Carbonate Solution”, Electrochim. Acta, 45(1-2), 99-105 (1999).
(4)A. Funabiki, M. Inaba, T. Abe, and Z. Ogumi, “Nucleation and Phase-Boundary Movement upon Stage Transformation in Lithium-Graphite Intercalation Compounds”, Electrochim. Acta., 45(6), 865-871 (1999).
(5)M. Inaba, Y. Kawatate, A. Funabiki, S.-K. Jeong, T. Abe, and Z. Ogumi, “STM Study of Well-Defined Graphite/Electrolyte Interface Polarized in Propylene Carbonate Solutions Containing 12-Crown-4”, Electrochemistry, 67(12), 1153-1155 (1999).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「資源循環・エネルギーミニマム型システム技術」研究代表者 小久見 善八(京都大学大学院工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 小久見 善八. 資源循環・エネルギーミニマム型システム技術 エネルギーの効率的変換を目指した界面イオン移動の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.1261 - 1266.

PAGE TOP