TOP > 研究報告検索 > 社会的受容性獲得のための情報伝達技術の開発

社会的受容性獲得のための情報伝達技術の開発

研究報告コード R000000354
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 安井 至
研究者所属機関
  • 東京大学生産技術研究所
研究機関
  • 東京大学生産技術研究所
報告名称 社会的受容性獲得のための情報伝達技術の開発
報告概要 21世紀の地球環境時代は,「リスクゼロ指向」の環境観では乗りきれない。リスクゼロ指向から省資源・省エネルギー型に変更することに対して,社会的受容性を得るための情報伝達技術を開発する。必要なツールとして次の方法を検討した。
1)環境観を把握するためのツール:アンケートによる方法,コンパラティブリスクアサスメントによる方法の2方法を検討した,
2)トレードオフを記述したデータベースの作成:市民の関心が高いと思われる環境問題に関するトレードオフの把握,ライフサイクルアサスメント(LCA)データの採取によるトレードオフの記述,廃棄・リサイクル過程に関するトレードオフのLCA手法によるデータベース化などについて検討した,
3)環境総合指標の作成に関する検討:環境負荷を時間の次元に変換する時間消費法,地球への入出力を4つの指標にまとめる四軸評価法,
などを検討した。
研究分野
  • エネルギーに関する技術・経済問題
  • 環境問題
  • ドキュメンテーション
  • 研究開発
関連発表論文 (1)安井至 ハイブリッド車の化学 化学と教育、47[6]392-393(1999)
(2)安井至 「環境の経済化」私論 エコノミスト6月10日号
(3)安井至 (編集・分担執筆)ガラス工学ハンドブック「ガラスと環境」朝倉書店(1999)
(4)安井至 環境問題に適切に対処する方法OPTRONICS No.6 104-109(1999)
(5)安井至 (執筆分担)「地球の限界」日科技連出版社1999.12
(6)安井至 (総編集)地球・人間・環境シリーズ「環境保全・創出のための生態工学」丸善、1999.11
(7)安井至 環境問題の重要性を判断するのは誰か? 経済倶楽部講演、p74-109、No.608、1999.10
(8)安井至 環境ホルモン問題をどう考えるか 畜産副産物研究、p1-8、No.5、1999.10
(9)安井至 ダイオキシン問題は正しく報道されたか 自由思想1999
(10)安井至 環境コミュニケーションと広告 日経広告手帳 No.2 2000 p2-9
(11)安井至 環境技術のトランスファーを考える ARCA、No.32、2000.1 p1-8
(12)安井至 環境ビジネスの自律的発展を考える ARCA、No.32、2000.1 p9-17
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「資源循環・エネルギーミニマム型システム技術」研究代表者 安井 至(東京大学生産技術研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 安井 至. 資源循環・エネルギーミニマム型システム技術 社会的受容性獲得のための情報伝達技術の開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.1303 - 1306.

PAGE TOP