TOP > 研究報告検索 > Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応

Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応

研究報告コード R000000359
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 杉浦 正晴
  • 小林 修
研究者所属機関
  • 東京大学大学院薬学研究科
  • 東京大学大学院薬学研究科
研究機関
  • 東京大学大学院薬学系研究科
報告名称 Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応
報告概要 親酸素性のLewis酸触媒を用いた開環反応と求核剤との組合せによる,鎖状アルコール合成について検討した。セミ環状N.O-アセタールとシリエノールエーテルとの反応をトリメチルシリルトリフラートを用いることにより,アミノアルコールが得られた(図1)。更に,アリルシランやトリメチルシアニド等の求核剤も効果があることが分かった。塩化メチレンを用いると,収率および選択性は低いが,アセトニトリルを使用することにより,反応は加速され高いジアステレオ選択性があることが分かった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000359_01SUM.gif
研究分野
  • 触媒
  • 有機化学反応一般
  • 付加反応,脱離反応
  • 反応の立体化学
  • 重合触媒,重合開始剤
関連発表論文 (1)Okitsu, O.; Suzuki, R.; Kobayashi, S. Synlett 2000, 989.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 小林 修(東大薬学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 杉浦 正晴,小林 修. Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.5 - 5.

PAGE TOP