TOP > 研究報告検索 > 小胞体・ゴルジ体間セラミド輸送の再構成系の樹立と解析

小胞体・ゴルジ体間セラミド輸送の再構成系の樹立と解析

研究報告コード R000000361
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 安田 智
  • 船越 智子
  • 深澤 征義
  • 西島 正弘
  • 花田 賢太郎
研究者所属機関
  • 国立感染症研究所細胞化学部
  • 国立感染症研究所細胞化学部
  • 国立感染症研究所細胞化学部
  • 国立感染症研究所細胞化学部
  • 国立感染症研究所細胞化学部
研究機関
  • 国立感染症研究所
報告名称 小胞体・ゴルジ体間セラミド輸送の再構成系の樹立と解析
報告概要 小胞体で合成されたセラミドがゴルジ体中のスフィンゴミエリン合成の場へと輸送する過程を膜開孔細胞中で再現する糸を開発した。この再構成系を用いた解析から,新合成されたセラミドがスフィンゴミエリン合成の場へ至る主たる輸送経路は,ATPおよび細胞質を必要とする経路であるが,グルコシルセラミド合成の場にはATPや細胞質に依存せずに移動することを示した。この実験系はセラミド輸送の阻害剤探索にも有用と考えられる。
研究分野
  • 脂質一般
  • 生物学的機能
  • 細胞生理一般
  • 脂質の代謝と栄養
関連発表論文 (1)M. Fukasawa, M. Nishijima and K. Hanada, J. Cell Biol., 144, 673-685 (1999)
(2)T. Funakoshi, S. Yasuda, M. Fukasawa, M. Nishijima and K. Hanada, J. Biol. Chem., 275, 29938-29945 (2000).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 小林 修(東大薬学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 安田 智,船越 智子,深澤 征義,西島 正弘,花田 賢太郎. 小胞体・ゴルジ体間セラミド輸送の再構成系の樹立と解析. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.6 - 6.

PAGE TOP