TOP > 研究報告検索 > グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長

グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長 新技術説明会

研究報告コード R000000370
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 田村 純一
  • 西原 淳子
  • 刀禰 裕子
  • 北川 裕之
  • 菅原 一幸
研究者所属機関
  • 鳥取大学教育地域科学
  • 鳥取大学教育地域科学
  • 神戸薬科大学生化学
  • 神戸薬科大学生化学
  • 神戸薬科大学生化学
研究機関
  • 鳥取大学教育地域科学部
  • 神戸薬科大学生化学
報告名称 グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長 新技術説明会
報告概要 グリコサミノグリカンの糖鎖伸長に関し,グリコサミノグリカン糖鎖の還元部分の共通四糖のキシロースが持つりん酸基と硫酸基に着目し,六つのグリコシルセリンを標的として合成した。グリコシルセリンのうちIII,V,VIはりん酸基と硫酸基を有し,天然型の合成報告として初めてであった。糖鎖伸長における硫酸基とりん酸基の役割は,IV~VIについてグルクロン酸I転移酵素による転移反応で,非還元側ガラクトース上に硫酸基がないIVとVIはグルクロン酸転移を促進させ,Vはグルクロン酸の転移を受けないことが分かった。
研究分野
  • 有機化学反応
  • グリコシド,配糖体
  • ペプチド
  • 化学合成
  • 糖質・糖鎖一般
  • 酵素の応用関連
関連発表論文 (1)J. Tamura and J. Nishihara, Bioorg. Med. Chem. Lett., 9, 1911-1914 (1999).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 中原 義昭(東海大学工学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 田村 純一,西原 淳子,刀禰 裕子,北川 裕之,菅原 一幸. グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.14 - 14.

PAGE TOP