TOP > 研究報告検索 > 配列特異的インターストランドクロスリンク能を有するピロール-イミダゾール-CPIコンジュゲートの合成

配列特異的インターストランドクロスリンク能を有するピロール-イミダゾール-CPIコンジュゲートの合成

研究報告コード R000000376
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 板東 俊和
  • 飯田 博一
  • 杉山 弘
研究者所属機関
  • 東京医科歯科大学生体材料工学研究所
  • 徳島大学歯学部(元東京医科歯科大学生体材料工学研究所)
  • 東京医科歯科大学生体材料工学研究所
研究機関
  • 東京医科歯科大学生体材料工学研究所
報告名称 配列特異的インターストランドクロスリンク能を有するピロール-イミダゾール-CPIコンジュゲートの合成
報告概要 新規インターストランドクロスリンク剤の開発を目的として,ピロール-イミダゾールのDNA塩基配列特異的結合能を利用したピロール-イミダゾール-CPIコンジュゲートを検討した。図1のクロスリンク剤1a-fの合成はジアミド誘導体2にそれぞれ対応する活性化スペーサーXを縮合させ合成した。DNAに対する塩基特異的なインターストランドクロスリンク能はコンジュゲート1a,bはアミド3と協同的に作用しクロスリンクすることをゲル電気泳動で確認できた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000376_01SUM.gif
研究分野
  • 反応の立体化学
  • 高分子化学一般
  • 核酸一般
  • 薬物の合成
  • 抗腫よう薬の基礎研究
関連発表論文 (1)Sequence-specific DNA Interstrand Cross-linking by Imidazole-pyrrole CPI Conjugate. Bando,T.;Iida,H.;Saito,I.;Sugiyama,H.J.Am.Chem.Soc.,123, 5158-5159 (2001)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 齋藤 烈(京大工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 板東 俊和,飯田 博一,杉山 弘. 配列特異的インターストランドクロスリンク能を有するピロール-イミダゾール-CPIコンジュゲートの合成. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.20 - 20.

PAGE TOP